2017年3月15日水曜日

東芝の決算再延期、監理銘柄に指定され上場廃止の可能性も出てきた、、、
割りには日経平均底堅い印象でした。

日経平均は 24.25円安の19609.50円
ドル円相場は115.19円まで上昇しています。

日経平均はレンジの上限に留まっており、2万円を目指す展開、
と言われればそう見えます。決して弱くないんですよね。
(東証2部やマザースに比べると動いていないけど)

ドル円相場も115円台まで上昇しているということは
118円を目指す展開の中、とも言えますが、、、

まだまだレンジだと思うのよね。
今週のFOMCでセルザファクトで一度売られたところは
買い場かなと思いますが、、、

NY時間に入って、ドル円相場114.54円まで下げています。
上値追いするタイミングじゃないわよね、イベントが多くて。

ということで、ドル買いは休止中なんだけど、昨日ロングした
豪ドルドルとポンドドル、えらい目にあいました。。。

東京時間から欧州時間にかけては、ドルが強くて、豪ドルはじり安、
ポンドなんか欧州時間に入ったところで謎の急落、ロスカットの憂き目に…。

う~む。まだまだポンドは神経質ね。
これといった材料はなくて、資金フローによるものだろう、という解説が
多いのですが、今週は英国のEU離脱手続きの開始を巡るニュースが次々と
出てきているので、これを警戒した向きによる手仕舞いかもしれません。

英議会は13日、メイ首相にEU離脱を通告する権限を付与する法案について
上下両院で再審議し原案通り可決。下院が上院による修正案を否決したことを受けて、
上院も追認。これにより、メイ氏はいつでもEUに離脱を通告する権限を手にし、
期限とする3月末までに通告を実施することが確実になっています。
法案はエリザベス女王の同意を得て、14日に原案通り成立する見通しだそうで、
メイ氏は法律の成立後はいつでも離脱を通告できるということで
理論上は最短14日にも通告を実施することが可能になった模様。
英国によるEU離脱通告が確実となったことで、英経済に対する不透明感の
強まりが改めて意識されている、、、ってのが足元のポンド売りの背景であるとの
解説も見受けられます。こういう時期にポンドなんか買っちゃダメだった、
ってことよね。失敗したわ~

0.7571ドルの豪ドルドルロングのほうは、
日足の一目の雲に再突入したらやめようかと思っていましたが、
そこまで下げずに何とか反転していますので保有継続…。

ちょっとポジションとるのが早かったかもですねぇ。
FOMCまではドル買いの圧力も結構あるみたいで…。
それも明日15日未明までだと思いますが。

それから年度末、期末ということで、日本株には1兆円の株買い需要があるとか。

①    この時期特有の配当の再投資。
配当込みの株価指数に連動して運用する機関投資家は、
期末の配当落ちで運用資産が減少することを抑えるため、
配当落ちに見合った額の先物を買うようなんですが、
試算ではTOPIX型、日経平均型、米MSCI型の合計で、
今年は6000億円と過去最大の再投資が見込まれている模様。
上場企業の配当額が増えているため、その分買いが増えるってことね。

②    日銀ETF買い。
年6兆円の買い方針達成には月5000億円規模の買い入れが必要ですが
今月は8日の1回(724億円)だけ。
日経の記事によると日銀は毎月、前半と後半で買い入れ基準を変更
しているようだ、とのこと。月後半に日銀による買いが加速する可能性が
見込める、、、ということで、①と合わせて総額1兆円の買い。

これが今週の海外のイベントで下落した時には出てくるかも~
っていうことで、今週大きく下落するようなことがあれば
日本株は買いです。日経平均も買い増しのチャンスかな?!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社