2017年5月16日火曜日

ドル円膠着。113.50円を挟んで行ったり来たりですが、噴火したのがやはりユーロ。

IMM通貨先物ポジで投機筋らが3年ぶりにユーロ買い越に転じたことが話題ですが
ファンド勢、完全に新しいテーマとしてユーロ上昇に乗ってきた模様。

背景はシンプル。

①フランス大統領選リスク消滅
②ECB緩和解除近し?!(ユーロ圏インフレ率高く・・・)

イタリアの債務と選挙がリスクだと指摘する向きもありますが、
それはまだ先の話・・・・。短期的にはユーロ上昇は加速すると思います。

週明け早速ユーロ円、ユーロドル買い参入。
ポンド円とキウイ円にも手を出す無節操ぶり。。。
(こういう自信満々であちこち手を出す時は意外と危ないので
コストにロスカット注文を置いてます)

日経平均が2万円近辺にひしめく1兆円規模ともささやかれるリンク債の存在に
阻まれて上値が重くなっており、2万円超えの相場に懐疑的な声もあるなか、
ドル円相場はユーロ円の上昇にも牽引されません💦

かといって下がる相場だとも思っていませんが、
しばらくテーマが薄く動けない予感。
だったら、ファンド勢が色めき立っているユーロのほうが妙味ありですね。

特に、政策バイアスがどちらもそろうユーロドルより
緩和を継続する日本と、緩和解除が期待される欧州の組み合わせである
ユーロ円がいいと思います。。
ユーロ円で130~140円台はあり得るんじゃないか、、、と妄想。

ユーロ円123.86円L ユーロドル1.0925ドル
ポンド円146.16円L キウイ円77.89円L

******************************

今日東京時間に原油が急伸。

サウジとロシアが2018年3月までの減産延長を支持、との報道を受けたもので
減産延長は大前提ではあったものの、9カ月は長い。
だって、5月のOPECの次は11月に定例総会があるわけで
市場は半年刻みでの減産合意延長かと思っていたんですもの。
それが11月定例総会を超えてなお3か月もの減産継続を
この5月に決めちゃうっていうんだから、ポジティブサプライズよね。

5月8日に44ドル台まで急落したWTI原油価格は49ドルまで反発しています。

原油が上昇してくると、米株崩落懸念が後退しますね。
40ドルを割れてくると、シェール関連企業などに痛手となって
米株市場にも悪影響との指摘もありましたが、ひとまず安心。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社