2017年6月28日水曜日

来ましたねぇ~今回はユーロ主導での上昇です。

ユーロ上昇→ドル安→ユーロ以外のカナダドル、ポンドドルなどもドル安によって上昇
→カナダ円、ポンド円などクロス円が上昇→ドル円も上昇

と、今回もクロス円がドル円を引っ張った印象。

FOMC後、利上げとバランスシート縮小が発表された割には
なかなかドル円が上がらなかったのに、翌日に英国の利上げ思惑の高まりで
ポンドが上昇したことで、上記サイクルでポンド主導でのクロス円上昇が
ドル円を108円台から111円台まで引き上げたのと同じような構図です。

何がきっかけでドル円が上がるかわかりませんね(;'∀')
教科書的に考えれば、ユーロ上昇はドル安ですからドル円も下落なんだけど。

※通貨インデックス一覧



ドル安、円安、ユーロ高、カナダ高、ポンド高
オセアニア、豪ドル、キウイドルは上がったけど今夜の上げが
騙しになって下落しそうな気配ですが、、


今夜はユーロが主導。

ユーロドルは、昨年9/8以来の1.13ドル台へ
ユーロ円は、昨年4月以来の127円台へ上昇中。

ECBのドラギ総裁がECBフォーラムでの講演で、
域内経済の成長が「潜在的水準を上回る」とし、
「強く、広範な回復を示唆している」と指摘。

また、デフレの脅威は去り、物価を抑制させている要因が
「一時的」でインフレのトレンドを中期目標から逸脱させない
との見解を示しました。

あれれれ~これまでドラギ総裁って極めてハト派的な存在でしたが。
ドイツがユーロは安すぎると言ってみたり、緩和に反対するスタンスを
取る度に、ドラギさんがそれを受け流して、緩和継続スタンスを
続けてきたのですが、なにがどうしたんでしょう、心変わりかしら。

この発言を受けて、いよいよ欧州も出口に取り掛かるとの思惑で
ユーロが買われているんですね。

昨日、ユーロ円124.77円でロング参戦していたのですが
127円まで上昇中よ~(*‘∀‘)

ユーロ円週足チャート、2012年アベノミクスでの大相場は2014年12月でトップアウト。
2014年の高値から2016年のブレグジットの最安値までの下落幅に対して
フィボナッチリトレースメントすると、これまで38.2%戻りの位置で
揉みあっていたことがわかります。



今夜の上昇でここを勢いよくブレイクしたことで、この先は半値戻りの
129.60円台を目指すものと思われます。
129円台まで引っ張ります。

***********************

ドル円相場は112.40円台まで上昇しています。
久しぶりに見る112円台!!115円くらいまで行かないかなぁ、、、
109円台ミドルでドル円ロング中です。

今日はIMF国際通貨基金が世界見通しで、
米国経済の見通しを引き下げており、ドル売り加速。

米共和党上院が先週発表したオバマケア代替法案は
今週にも採決実施を目指していますが共和党上院議員のうち3人が
法案に反対表明。こうした政治的な動きもドルの上値を抑えているようです。

今夜は指標が良かったんですけどねぇ。

6月消費者信頼感指数:118.9(予想:116.0、5月:117.6)
6月リッチモンド連銀製造業指数:7(予想:5  5月:1)

ドルインデックスではドル売りですがドル円相場は上昇中、摩訶不思議。
ドル円ロングは継続します。

その他保有中のカナダ円、豪ドル円ロングも継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社