2017年6月13日火曜日

先週末のダウ上昇よりナスダック下落に反応したか。。。
週明け12日月曜日経平均は▼104.68円 19908.58円
ドル円相場も夕刻再び110円割れとなりました。

先週の日高ショックで109.56円でロングしたドル円ですが、
先週110.70円台まで行ったところで手仕舞うことが出来れはカンペキでした💦
今日109.94円で撤退です。一応利食いですが、こんな結果望んでなかった(笑)

4時間足の形が綺麗に売りトレンド形成していて、これ下手すると108円方向。
というか、場合によっては105円か…。そこまで下がればまた買うんだけど、
やっぱり今週のFOMCはリスクかも。
利上げ織り込みで、FOMC前にドル高になっていないのも発射台が低くて嫌なんだけど、
これまでと違うのは、テーパリング開始時期がテーマとなりつつあることね。
注目ポイントは6月利上げは確実なだけに、市場は年後半の追加利上げとテーパリングに
移っちゃってるので、9月12月のFOMCでの利上げ見込みが薄い内容だと
ドルは更に弱含むリスクがあるような気がします。

また、テーパリング開始は金利の急騰を招くリスクがあり、
その場合ドルは一時的に急伸するかもしれませんが、金利急騰は株式市場の下落を
誘因する可能性が大きく、結局は株安でドル円下落のリスクも。

Fedがどのような形でテーパリングに言及してくるか、という点は
今週のドル円相場にとっても、大きな材料となると思われ、
結局上がるにしても、乱高下するリスク、下値を切り下げるリスクは否めないかも、、、
ということで、いったんドルロングは撤退。
ドル円が弱いとなるとクロス円も不安。
ということで78.80円キウイ円Lは79.22円で止めています。微益に終わる。
ユーロ円は華麗に損切り。
キウイドル0.7152ドルL ユーロドル1.1186ドルLは継続。

そして今日はどうもポンドが弱く、ポンド円がさらに下がるチャートになっているので
ポンド円をショートしました。139.50円割れからショートを作っています。
チャート形状を見るに、、、売り参戦遅すぎたかな、、、とも思うんだけど
先週はまさに8日英下院選挙があったわけで、選挙結果を受けてどう動くか
よくわからなかったので、解らないときには手を出さないということで見送っていました。

結果、どの政党も過半数を獲得できない「ハングパーラメント」状態となり
英政局の不透明感が増したことや、結局ブレグジットは英経済に悪影響をもたらすだろう、
という事実は不変であることから、ポンド売りがテーマとして再開した可能性がある、と判断。

もし、ポンド売りが新しいテーマとしてスタートしているとするならば
4月安値の135.50円台が最初のターゲット、その次は昨年のブレグジットショック以降に
付けた安値125円台までの下落の可能性あり、とみれば、139円からのショートは
決して遅くないと思いまして。。。

今年の英経済成長、足元の政局不安が影響へ=S&Pエコノミスト
https://jp.reuters.com/article/britain-election-s-p-idJPKBN1930YG

英経済 低生産性など先行きに暗雲 総選挙結果にかかわらず
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170608/mcb1706080500023-n1.htm
 
~低賃金労働者の増加といった労働市場の大きな変化だ。家計の実質所得の減少を招く~
失業率はおよそ40年ぶりの低水準だが賃金が安く、保証も少ない。
最低労働時間が保証されていない労働契約「ゼロアワー契約」が急増。

~英国の生産性は先進7カ国(G7)の平均を依然として約16%も下回っている。

ポンドショートを作ったからネガティブなニュースばかり集めてみました。
みたいになってますが、今ポンド強気の見方って少ないのね・・・。
それはちょっと嫌だけど、、、。

政権発足に時間がかかり、再度の選挙につながるリスクも懸念されているようですね。
英国は2年間のEU離脱交渉を月内に正式に開始する予定でしたが、最悪の場合、
年内にもう一回選挙が行われるかも、、、なんて指摘もあって、
これが一番ポンド売りを招く材料になるかもしれません。
なんてったって、市場は不確実性を嫌いますから。

ということで、ドル円ロング、クロス円ロングを止めて、新たにポンド円ショート。
ドルストレートでキウイ、ユーロがロングです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社