2017年7月13日木曜日

トランプジュニアのメール公開のニュースで7/11火曜のダウは100ドル超の下落。
ドル円相場も113円台へと下落。
ところがダウは大引けにかけて猛烈に戻し終わってみれば +55ドル高。
ただし、ドル円相場は戻りきらず、今夜7/12に113円大台割れまで下落しています。

久しぶりにダウが100ドル超ものボラがあった、ということで
どんな衝撃かというと、よくよく考えてみればたいした事件じゃありません。

選挙期間中、トランプ氏長男がロシア人弁護士と会っていたという報道ですが
米国上院はトランプ氏長男の調査を要求していたことを受けて、
トランプ氏長男そのは弁護士からもらっていたメールを公開。

『ロシアの検察がクリントン氏の不正にかかわる公文書と情報を提供したい』
と書かれていたとの事でトランプ氏長男は「話が本当なら素晴らしい」と返信していた、
というもの。それだけのことです。

ジュニア氏は声明で、公表の理由を
「(経緯を)完全に透明にするため」
「女性弁護士は当局者ではなく、情報もなかった。面会は無意味だった」と釈明
弁護士にあったことは事実で、限りなく怪しい、、、のですが💦
これは法に触れるようなことではなく、むしろ潔白の表明のため
という意味合いが強いと思われます。
米国もフェイクニュースが多いことが問題視されているようですが
ロシアゲートに関して違法性が問われるような証拠をメディアが掴んでいるのか
というと、現実にはまだ何も出てきていないわけです。
今回もあくまで「トランプ陣営側」から出てきたソースで、
もちろん、それは、これが決定打になるような話じゃないんですね。

ということもあって、アルゴがロシア、トランプ長男というキーワードに
過剰反応して大きく下がっただけで、これでマーケットが崩れるような
ソースじゃないことに早々に気が付いた、ということでしょう、
だって今夜7/12日水曜のNYダウは150ドル高ですよ、まったく人騒がせな。

しかし、なぜドル円は戻らないのか。

11日夜はトランプ長男メールニュースだけでなく
ブレイナードFRB理事の発言もありました。
講演で「FF金利の正常化、かなり進行していると認識」と発言。

これで市場は今後の利上げは急がない可能性を意識。
ドル高要因が後退した、ということでしょうか。

これまで、あまりにもカナダ円とかユーロ円とか。。。クロス円が大きく上昇、
手仕舞いのきっかけにもなったのかもしれません。
クロス円はそれぞれ短期的にはいかにも調整が入りそうなチャートよね。

ドル円ロングは113.80円台で手仕舞い、
ポンド円を146.16円でショートにしています。

ドル円は一時112円台まで下落しましたね・・・。

今夜はイエレン議長の議会証言。
今夜の証言がイエレン氏の最後の議会証言ですが、
思ったよりもハト派的な内容という捉え方がされた模様。
基本的にこれまでのスタンスと変わっていませんが、
 インフレは目標を下回っており、状況を注意深くみると言及した部分が
フォーカスされたのかしら。

基本目線は、日本と米欧加英の金融政策の方向が逆である事実が
変わらないことから円安外貨買いは続くと思っていますが、
これまでかなり買いが積みあがってきたので、
調整が深くなるリスクは否定できず、その調整で利益を飛ばしたくないです。。。

ということで112円台ローまで下落すれば
再び買い参戦したいと思います。

注目のカナダ。
今夜カナダ中銀は0.25%の利上げを発表
利上げ自体は予想通りではあったものの、成長見通しも上方修正
インフレ鈍化は一時的な要因との声明でカナダ買いが入っています。
88.25円という随分急伸してから買い参戦(;´∀`)
今はポンド円ショートとカナダ円ロングです。。。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社