2017年7月27日木曜日

7月FOMC,そんなにドル売りになる内容なのかな~と不思議に思いますが
ドル一段安で独歩安の様相。

通貨インデックス一覧を見ると、ユーロやカナダ、豪ドル、キウイなどが強く、円はここ数日揉みあっています。

ドル安がこれだけ進んでいる割には、
意外と円高が進まない、、、という見方もできますね。

※通貨インデックス一覧


ただし、FOMCを受けてドル円相場は112.18円の高値から
110.78円まで40銭くらい急落しています。


◆7月FOMC ポイント

①バランスシート縮小について声明文「比較的早い時期に開始」
 ~前回の年内に、という表現より強く、9月にもスタートか?!

②年内利上げ思惑後退 声明で「目標の2%を下回っている」
 ~前回は「目標を”幾分”下回っている」だったが、
 幾分という言葉を外したことで、インフレ定着への懸念を強めた。
 インフレへ配慮し年内の利上げを急がないという見方も


ということで、利上げは急がずとも、
バランスシート縮小は9月開始。

とのコンセンサスが広がったようです。

バランスシート縮小も金利上昇圧力なんですけれど、
その規模が極めて小さいために、金利急騰を招くという警戒は薄く、
米金利上昇は緩やかとなるという見方が定着しつつあります。

これがドル買いにならない背景。

それでも、日銀が緩和継続していますし、
ドル以外の通貨では、絶賛円売り、円キャリートレード開催中。
つまり、円売りでもあります。「ドル売り、円売り」相場なのね。

その円よりもさらに弱い、最弱通貨がドルである。

というだけのことですので、クロス円が上昇しているのに
ドル円だけが円高になる、というのは考えにくく、
ドル円は108~115のレンジ相場に終始しているってことです。。

レンジという割にはレンジ幅が比較的大きいのですが。

私はレンジが苦手なので💦
トレンドのある通貨を取引したいと思います・・・。

**************

昨日26日は豪中銀総裁が
「現在の金融政策に非常に満足」
「 豪ドルがもう少し下落すれば好ましい」
「将来の政策金利、平均して過去よりも低い水準となる見込み」
「中立金利は3.5%程度とみられるが、多くの不確実要素がある」 


などと発言し、豪ドルが急落する局面が。
前日に豪ドル円ロングを作っていたので、嫌な下落でしたが
トレンドが強いので、すかさず押し目を拾い増し玉。

豪ドル円、88.35~40円で買い増しです。

また、豪4-6月期CPIが全体で前年比1.9%上昇で
市場予想(2.2%上昇)を下回ったことも嫌気されましたが、

(豪中銀のインフレ目標は平均2-3%)

ただし、コアインフレ指標であるCPI加重中央値が
前期比0.5%上昇と予想通りであったこと、
前年同期比では1.8%上昇で予想(1.7%上昇)を上回ったことで
豪ドルは買われています。

決してインフレが弱いわけではない、ということですので
早晩豪州も利上げに踏み切らざるを得ないのではないか、
という見方が市場に広がっているんですね。

ただ、豪中銀としては豪ドル高は嫌でけん制したい、と。

けん制発言が出て下がったところは買い場になる相場が
しばらく続くのだと思います.

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社