2017年9月12日火曜日

見事に往復びんた喰らいました。。。ドル円。
108円台ロングは108円割れでロスカット、途転ショートが108.50超えでロスカット。
途転ショートは107.20円台まで下落した時に買い戻せばniceトレードでしたが
うっかり週マタギでポジション持ち越しちゃったのよね。
まあ、テクニカル的に、これまで鉄板だった108円台割れちゃったんだから
下方向に走るだろう軽く見ていた、という側面もあったかな('ω')過信しすぎた。

先週末の大阪コモフェスで、DZHの和田氏が機関投資家の旺盛な買いがあるから
それほど下がらない、と指摘していましたっけ・・・。

リスク、リスクとリスクに怯えた先週、
北朝鮮建国記念日、米国を襲うハリケーン被害、債務上限問題で
トランプ大統領と共和党に溝、
フィッシャー副FRB議長の途中辞任の報に太陽フレアにメキシコ地震。。。

結局、土日に言うほどのリスク拡大とならなかった、、、
要するに北朝鮮がミサイルを打たなかったということで、ショートカバー。

今日のドル円相場はいきなり108.24円にジャンプアップで窓開け寄り付き、
その後窓を埋めることなく上昇しています。

寄り付きから午後までの値動きを見て、窓埋めする気配がないので
108.37円でショート止めて、途転ロングに転じてます。
これも、今夜、北朝鮮が国連安保理の制裁決議に反抗する形でミサイル発射したら
またやられちゃうわけですが💦 現在0:00過ぎに108.90円台まで上昇してきており、
108.37を超えて窓開け下落することは考えにくいとこまで来たので、ちょっと安心。

どうも北朝鮮制裁も骨抜きになりそうとのことで、
過度なリスク警戒が後退しつつある流れのようです。

ということで、同じくユーロドル1.9500ドルロングは、1.2004ドルで利食って
ポジション閉じています。
10月にはECBは緩和縮小に踏み切るとみられているため、
ユーロドルはまだ上がるかもしれませんが、下がってから買い直すスタンスがいいかもね。
こんな記事も↓

ECBクーレ理事:持続的なユーロ上昇、インフレの重しになる恐れ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-11/OW3YZM6S972901

~ユーロはドルに対して今年14%上昇し、

ECBがインフレ率予想を下方修正する一因となった。~

ということで、ECB緩和縮小の具体案が出る前に張り切り過ぎちゃってるので
ここからのユーロ上昇には牽制発言などのリスクに注意。

ユーロに比較的大きな調整があるなら、ドル高ですので、
ドル円も意外と底堅くなるかも、って見方もできます。
ただし、ドル円が上昇すると言ってもせいぜい110円行くか行かないか。。。。
その反動高を狙って乗っているだけです、今のところ…(-_-;)
だって、米金利が上がりそうにないから・・・。

ただVIX指数や、主要株価インデックスをみていると、リスクは後退、
株価が再上昇するようにも見えるんですよね。
特にDAXなんか強そう。DAXが上昇開始なら、たぶんユーロは下がるんです。
そして金は下がる。ドルが巻き返す、、、、という流れがいよいよ出てくるのかな??と。
米株も強いですね。。
米株が本格的に売られやすいのは10月
今月は一度高値を取りに行くのかもしれません。

※株インデックス一覧




そしてこれが通貨インデックス一覧



ドルが、、、、反発、ユーロ、円、スイス、豪ドルなどが反落。
これが短期的な揺り戻しに過ぎないのか、大きな揺り戻しとなるのか。

今週は米国のインフレ指標に注目ですね。ドルがやっぱり下がるのか、
意外と見直されるのか。
今週の米国の注目指標については昨日のブログに書いています。
http://hiroko.yutaka-shoji.co.jp/2017/09/108910.html

ドル円も底入れ反転、というにはまだ自信がないので、コストにストップ置いての
再々ドテンロングですが、実は、自信がない時の、コワイところで作ったポジションのほうが
後々上手く行く、ってことがよくあります。
先週末のような108円割れの時のように、教科書的なパターンだ!!と
自信もって売ったりしたポジションが上手く行かなかったりするものです。不思議。

ちょっとリズムがあわない、って時もあります、でも、めげずに粛々とやるだけです('Д')ウリャ
あ、日経平均CFDロングは継続です。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社