2017年9月29日金曜日

今度の選挙は何でもありですね、政局が目まぐるしく変化、
10/22一体どのような結末を迎えるのか…(;´・ω・)

選挙相場は続いているのでしょうか、
ドル円相場は113円台までで上昇の勢いは鈍り反落基調。

28日木曜早朝にトランプ大統領が税制改革案を発表、
法人税減税は20%など事前に報じられていた内容とほぼ同じだったことから
材料出尽くしの売りもあったでしょうか。

今夜はムニューシン米財務長官の発言が。
税制改革案に関し向こう10年間のGDPを2.9%で策定した、
20%の法人税減税は譲れないなどと報じられていますが
ドルの上昇にはつながっていません。

ドル反騰の調整局面でしょうかねぇ。。。

ドルインデックス、大転換したようにも見えますが


ユーロドルチャート日足を確認すると、一度下げ止まる局面でもありますね。
一目均衡表の雲に跳ね返されています。


ということで、ユーロドルのショートをいったん買い戻しています。
ネックラインとなっている1.186ドル近辺までの戻りがあるのかも。

そのあたりまで戻ったら再度売り直そうかな、と思っています。

その場合、ユーロ円が上昇する可能性があるかな、、、と
ウォッチしていましたが、分析しきれず結局買えてません。

全般揉みあい気味なので、無理にポジション増やすこともないか。

ポンドドルも下げ足鈍ってきたので買戻し。1.3440ドル前後。

今夜発表の米国経済指標、

・実質GDP・確報値(第2四半期)3.1%(予想3.0% 前回 3.0%)

・PCEコアデフレータ・確報値(第2四半期)結果 0.9%(予想 0.9% 前回 0.9%)

GDP確報値が上方修正も、反応鈍し。

ということでその他のポジションは継続です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社