2017年9月5日火曜日

3日日曜の北朝鮮の核実験を受けて、やはり東京市場には下押し圧力。

日経平均  19508.28(▼183.22)▼0.93% 一時19479.40円まで下げ幅を拡大
ドル円  2日㈮NYクローズ110.27円 → 109.64へ窓開け下落 109.38円まで円高

それでもドル円は108円台へは落ちていません。
なんだかんだ言って日経平均も19000円大台での推移が続いています。

意外と底堅い印象も受けるのですが、まだ油断できないのは
この問題はどのように解決するのかまだ見えておらず、
9/9が北朝鮮の建国記念日ということで、今週まだ動きがありそうだということ。

北朝鮮がICBM発射準備の可能性-韓国国防省当局者
2017年9月4日 16:08 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-04/OVQU4O6JIJW801

9日前後にICBM発射の可能性がある、と報じられています。

東京大引け後に飛び出したこのニュースで、ドル円は一段安となるわけですが
今夜は米国市場がレイバーデーのため休場。
米国の反応が見極めにくい中で、明日の東京も、やはり上値が重くなる展開か…。

米国防長官は、「巨大な軍事行動」で反応すると警告、
トランプ大統領はツイッターで
「北朝鮮とビジネスをする全ての国との貿易停止を検討している」と表明。

著名投資家ジム・ロジャーズ氏は
米国との軍事衝突になれば、株式相場が大きく下落する可能性を指摘とのニュースも
ありましたが、先週末2日㈮、雇用統計とISMの指標を受けても上昇した米金利を
相場反転の兆しとして楽観視する向きもあります。

列島緊迫、耐える大型株 米長期金利底入れに光明
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGD04H9N_U7A900C1EN1000/?dg=1&nf=1

~ヒントは米長期金利に隠れている。日本の大型株は米景気と連動性が高く、先行指標として米長期金利を重視する投資家は多い。自動車をはじめ北米で稼ぐ企業が多く、金融株も米金利に敏感に反応するためだ。

~特徴的なのは、個人と機関投資家の行動が如実に違う点だろう。個人が換金売りを急ぐのに対し、機関投資家は中長期の影響を見極めようとしている。物色を見ると明らかで、4日は個人中心の東証マザーズ指数が3%下げた一方、機関投資家の好む大型株指数は0.8%安にとどまった。トヨタ自動車、ファーストリテイリングは一時上昇に転じたほどだ。

~今年に入り中小型株より劣勢だった大型株だが、地政学リスクが高まらなければ「潮目が変わる可能性がある」

 
私もこちらの考えに近いのですが、北朝鮮との軍事衝突がなければ、
という条件下でのシナリオですので、今週末の建国記念日を見極めてから、でしょうか。。。

週明けドル円が下落したら買う、という戦略でいましたので
109.54円でドル円ロングを構築しては見ましたが、、、
109円割れでいったん撤退、108円ローまで下がれば再度買い、
108円割れでまた撤退、という風にやっていくしかないですね。

ユーロ円130.18円ロングは今日130.45円で手仕舞いました。
豪ドル円87.15円ロングは、朝の窓開け下落でほぼコストで消滅。
キウイドル0.7203ドルショートはあまりワークしていませんまだ保有。
現在0.7175ドル。
今日追加したドル円109.54ロングと日経平均ロングです。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社