2017年11月15日水曜日

日経平均は小幅安で5日続落。 22380.01円(▲0.98)

場中は上げ幅151円まで上昇する局面があり、プラス圏での推移でしたが、
大引けにかけてやはり売りが優勢となる展開に。
それでも下落が1円未満とは、粘りました。

その後のくりっく株365CFDでの日経も意外にしっかりしている印象です。
なかなかガラガラと崩れません、ショーターも不安が大きい相場。

ドル円は相変わらず113円台をうろうろ。トレンドがありません。

今はドル円も、ユーロドルも手じまってしまってFXポジは豪ドルショートのみ。
日経平均とダウショートは継続ですが・・・・。

ファンドの手仕舞いが入っている、そういう時期だから。。。
という意外に、実は今それほど積極的に売る材料がないのよね。
米国税制改革法案への過度な期待の剥落というような値動きもあろうかと思いますが、、、

ドル円は地味な動きに終始していますが、今日はユーロドル相場が動いた。
ショートを買い戻しておいてよかった~な展開。


ショートを買い戻した背景には、なかなか思い通りの下落がこないことと、
あまりに教科書に載せられる様な綺麗な三尊天井を形成していることから
皆が弱気に傾きすぎていた、という気持ち悪さもありました。

戻りを売るつもりではおりましたので、今まさに上昇を強めているところで
アゲインストなんだけど💦 1.1723ドルでユーロドル再ショート参戦中。

ユーロ上昇のきっかけとなったのが、米英の指標かな。

①ドイツ7-9月期GDP、予想が前期比0.6%のところ0.8%
 前年比の予想2.3%のところ2.8%で予想を上回る好結果。
 
 これを受けてユーロ買いが旺盛に。
  
②10月英消費者物価指数(CPI)10月英小売物価指数(RPI)10月英卸売物価指数(PPI)食品とエネルギーを除くコア指数が軒並み予想を下回り
前月比予想0.2%のところ0.1%、
前年比予想3.1%のところ3.0%、CPIコア予想2.8%のところ2.7%と弱い内容。
特に10月生産者物価指数(PPI)が2012年2月以降5年半ぶり高水準。
また、メイ英政権への政治不信が再び材料視されポンド売り旺盛に。

ということで、ユーロポンドという通貨ペアでは
ユーロ上昇ポンド売りが出ており、このユーロ上昇に連れ高となっているという側面も。

※ユーロポンド ユーロが高くポンドが売られる展開




但し、ユーロ高がトレンドになるというような水準での上昇ではなく
あくまでレンジの範疇、、、。

ユーロドルのチャートではまだ戻り高値は売られる可能性も十分に残っていると思ってます。

※それからキウイドルが底入れしたんじゃないか、、、、って気がしてます。

そろそろ貿易収支が材料視されてもいい時期かなと思うので
キウイドルだけ、押し目買い戦略で。まだ買ってません。


人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



















※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社