2017年12月27日水曜日

Xmasは終わったんだけど、欧州は今日も休場です。ボクシング・デー。

そのせいでしょうか。為替市場、ドル円相場はいつ見ても113円台。
ほとんど息をしていない・・・・(´ヘ`;)ウーム…

欧州勢がいないので今夜のNY市場もあまり動かないと思います。

だからあんまり書くことがないのよね(笑)

先週、税制改革法案成立に向けて跳ね上がった米長期金利ですが
2・4%台で止まってしまいました。

トランプ大統領誕生直後には2・6%台がありましたので
ここまで上昇してこないことには、現状の米株高が崩れることは考えにくく、
ドル円の118円台奪還も難しい、、、ということになります。

結局、ゲームチェンジは起こらず、米株高トレンドが続き、
ドル上昇も抑制された状態が続くのか・・・・?!

法人税の引き下げが全般的に米国経済の成長を0.5%引き上げるとの試算もあり、
ドル高になるという見方もあるにはあるんですけれどね。


今日は本邦、日本の11月消費支出が発表され
前年同月比1.7%増と大変いい数字に驚きましたが、
株式市場は商い閑散で反応薄。

また11月全国消費者物価(CPI)も
前年比総合+0.6%(コア+0.9%)と10カ月連続の伸び
コアコアは+0.3%で9カ月連続の伸びとインフレもジワリ。

ただし、日銀の物価目標である2%には遠く及ばないため、
オーバーシュート型コミットメント、2%に達成してもなお定着するまで
金融緩和は継続する、という政策を取っているのですから
日本の金融緩和政策はまだまだ続く、ということであり、
緩和が長期化する中で、景気は上向きが確認できるという
株価にとってはこの上ない好環境であることを考えると、
来年日経平均は3万円を目指す上昇を見せる可能性は大きく、
その場合、ドル円相場はやはり120円方向にあるんじゃないか、
と考えるのが自然なんじゃないかしら。

今年9月から16連騰という記録をたたき出し、20数年ぶりの高値奪還となったことから、過熱感を警戒するムードもありますが、
冷静に考えると、秋からの上昇がいささか勢いがありすぎた、
というだけで、他に株の売り材料って見当たらないのよね。

いえ、北朝鮮リスクとか、米長短金利のフラット化とか、警戒しておくべき
地雷のようなものは沢山あるんですよ。
でも、それは今年1年通じてもそうでしたよね。
フランス大統領選だとか、北朝鮮ミサイルとか、トランプスキャンダルとか。

2017年はリスクに怯えてポジションを持たなかった向きは、
この株高の恩恵を享受できなかった1年でした。
結局、来年半ばくらいまでは、同じような相場が続くのかもしれません。

最大の警戒は米長期金利の2.6%超えかな。
ここを超えて3%台に乗せてくるようなら株崩落注意。

長期金利が抑制的に動いているのなら、まだ株上昇は続くと思われます。

但し、短期的には年末年始のセンチメントの変化に注意ですね。
ポジションは全て継続のままです。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社