2018年2月2日金曜日

ダウ平均は無敵なのか、、、今夜140ドル強も上昇。

※ダウ平均

まだ高値奪還ではないので、揺り戻しにすぎない可能性もありますが
ここまで上昇してきたチャート形状から、押し目を形成するにしても
スピード調整といって、短期に大きな値幅を伴った下落のリスクがある、
という指摘が増えている中で、この揺り戻しです。

もう押し目終了なんでしょうか。。。

しかし、日経平均は月初営業日に上昇するパターン続いていますねぇ。

今日2月1日木曜も387.82円高の23486.11円。

これでなんと20か月連続で月初営業日上昇しています。
何か、月初に日経を買う資金フローが存在するんでしょうか??

日経新聞は個人の積み立て投資の設定日が月初である可能性を指摘。

月初め、なぜ株価上がる?2月で20カ月連続に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26425630R00C18A2EN2000/

来月もそうなるかどうか、覚えておかなくちゃ。

さて、1月FOMC。予想通り利上げはなし。
イエレン議長最後のFOMCとなりましたが、記者会見はなし。

声明文は。。。

FOMC声明:インフレ率は今年上昇へ-政策金利は据え置き
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-31/P3FQ1D6TTDS001

インフレ見通しを上向きに修正しています。
これをタカ派的ととらえる向きもありますが、
マーケットはそれほど大きな反応を示していませんね。

FedWatchで市場の利上げ織り込み度を確認すると
FOMC通過後に3月の利上げを見込む確率は74.7%から83.1%に上昇。

3月利上げはほぼ織り込み済みとなりましたので
次は6月利上げが焦点。
年前半に2回利上げをすることで、2018年は年4回の利上げの可能性を
織り込み始めるでしょうから、その時はさすがに現状の景気拡大に
ブレーキがかかるでしょうし、株も…。

ただ、そのリスクはまだまだ先。
足下で利上げリスクをマーケットに織り込むという気配はゼロ。

業績相場に入るのでインデックスは売りたくないとしていましたが
それでよかった。。のですが、ここからダウとか日経とか買えるんでしょうか。

今日はね、ドル円も上昇、ユーロドルも上昇という相場展開だったのよ。

※ドル円とユーロドル日足



う~ん、これどういうことでしょう。
通貨インデックス一覧を見てみると、わかりやすくなります。

※通貨インデックス一覧

 

ああ、「ドル安円安」なんですね。そしてそのほかの通貨全部高。

これは典型的な「リスクオン相場」の時の値動きです。

だからといって、ドル円相場がこのまま上昇継続するとは思いませんが、
短期的な値動きとしては、リスクテイクに市場が動いているということが
確認できます。だから、株を売ってはいけない。

そして今夜は、ECB要人からの発言がユーロ高を加速させました。

 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバー
 ノボトニー・オーストリア中央銀行総裁
 「ECBの資産買い入れプログラムは現時点で終了させる必要がある」

 「同プログラムを巡っては9月までに決定される」

 「買い入れプログラムの終了は「長期金利の上昇につながる」

 ECBは資産買い入れ規模を今年1月から月額300億ユーロに減額する
 テーパリングを実施中。
 このペースで9月まで継続する方針であることを明言したということで
 9月以降については9月までに決定されるはず、としたわけです。

 この発言を受けて、ユーロが上昇しているというわけね。

 このところはユーロ高牽制発言が相次いでいましたが
 (このノボトニー氏も牽制発言していたはず)
 この発言は、為替に言及するものではなく、あくまで金融政策について
 述べているということですが、市場はやはりユーロを買いたい。
 つまり、ドルを売りたいというのがコンセンサスであるということが
 改めて確認できたような値動き。

 今夜はトランプ米大統領が共和党のイベントで
 「失業保険申請件数は45年ぶり最低」「税制改革の恩恵を受け始めたばかり」
「税制改革の第2弾もあるかもしれない」 などと発言し、経済堅調をアピール。
 これでドルが買われることはなく、株が買われているというのが現在のマーケット。
 特に税制改革第2弾をちらつかせるあたり、株高をあおりますねぇ。。。

 米国がドル安を望んでいるということが
 ムニューシン財務長官発言ではっきりしましたので
 やはり今年はドル売り方向でストラテジー組むのがいいのでしょう。

 ということで、ポンドドルを1.4197ドルで再参戦。。。。

 このリスクテイク、ドル安円安の値動きが月初の特別要因による短期的なものである
可能性もまだぬぐえないので、急変に備えて、ポジションは極めて小さいサイズです。

そうこう言っているうちにダウの上げ幅が縮小中。
現在60ドル高にまで上昇幅が小さくなってきました。(3:45)

移動平均線5日線の下にろうそく足が下がってしまっている状態での
戻りでしたが、5日線が頭を押さえる格好です。

まだ、リスクテイク回帰を信じ切ってしまうのも危険かもね。
 人気ブログランキングへ


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









*******************

2月10日土曜日 京都に行きます!

『豊商事資産運用セミナーin京都』
http://www.yutaka24.jp/?url=/seminars/detail/277

 13:00~14:00 第一部:和田仁志氏
「極めてしまったリスクの果て」

14:00~14:30 特別セッション:和田氏×大橋ひろこ
「日経平均で資産運用!くりっく株365の活用術とは」

14:45~16:15 第二部:岡崎良介氏
「資産運用の新機軸」

 近隣の方、ぜひ!!

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社