2018年2月14日水曜日

先週あれだけ株が下がったのに、ドル円が意外と踏ん張ってるのを見て
ドル円ショートには妙味なしか、と思っていたのですが、
2/2㈬ドル円相場107円台まで円高ドル安進行となりました。
多分、トランプさんのせい。

トランプ氏、日本が貿易で「殺人」と非難 対抗措置を警告

http://www.afpbb.com/articles/-/3162145

あらら~随分な物言いですね・・・・ 

マーケット的には通商問題を米国が本格化する意向だ、
という思惑が値動きのサポートを失う結果に。

ドル円相場は昨年9月の北朝鮮のミサイル発射に怯えて売られた
107.31円の安値を抜けて下げそう、、、なギリギリの展開です。

ここを明確に割り込むと、次は2016年の英国ブレグジットの時の安値となった
100円というわかりやすい節目を目指して下落する可能性が出てきます。

今日の予算委員会で安倍首相が先週報道された黒田日銀総裁の続投は
まだ白紙である、といったことも、多少影響しているとの指摘もありますが
黒田さんが続投しても、次の一手はないわけで、、、
フレッシュなネタに反応しやすい為替市場の特性を考慮するならば
やはり、トランプ大統領の通商問題への言及、、、、
米国がドル安政策を望む姿勢であるというコンセンサスが醸成されつつある
という事実がドル円相場の上値を抑えて円高へと導いているといえましょう。

困ったことにトランプ発言による円高は、
日本株式市場では日本株安のトリガーとなりますね。

今回、米金利上昇、VIX指数上昇による米株下落につれて
日本株が下落しただけだと仮定するならば、
米株下落が止まれば、ドル円相場の下落も止まるはずですが、、、(;'∀')

元ざくぃVIX{指数は26で高止まり。
今回50超えまで上昇したことを考慮すると、その半値近辺で
下げ止まっているのですが、再上昇するのか、ここから下落するのかその先行きは不明。VIX指数がこれまでのレンジの核であった12~13というところまで
下落して鎮静化しないことには、まだ今回の金融混乱は継続している
とみていいでしょう。

今日は
85.23円の豪ドル円ショート
86.1円のカナダ円ショートを作りました。

ユーロドルショートが意外と強くて想定外でしたので
1.2461で作ったユーロドルショートは1.2338ドルで買い戻しました・・・

トランプ大統領の発言
の影響なのか、黒田日銀総裁の続投報道が否定された影響なのかは
正確にはわからないのですが、どうも再びドル安相場が再開しています。

※通貨インデックス一覧


ファンダメンタルズ分析より、まずはチャートの相関。

再びドル安、、、そして円高が加速。

ユーロもポンドもオセアニア通貨も足下強含みであることが
確認できますので、ドル売り、円買いユーロ買いがいいのな・・・・
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社