2018年2月13日火曜日

2月12日祝日、東京市場休場も取引ができるくりっく株365では
ダウも日経平均も先週末金曜のNYクローズに反発した水準を保ちジリ高の展開。
欧州時間に小幅に値を上げて、NYタイム、このまま反発していきそうなムードですが、
クローズしてみないことにはわかりません。

FTが「ロイター通信のデータによると10年物米国債利回りは、
2014年以来初めて2.9%を超えた」と報道しています。
私が見ているデータ-では、2.9%大台タッチはしていないのですが、
2.8%で高止まりであることは確か。

ですから、決して予断を許さない状況ではあるものの、
リスク回避相場の渦中にあっても、リバウンドは想定を超えて行き過ぎることも
よくある話で、生半可に戻り売りで入ると、
ボラが上がっている分やられも大きくなります。

ここは先週金曜にポジションを軽くしていることを良かれとして、静観しますか。

ユーロドル、ダウショートは継続ですが、新規ポジは取らずに様子を見ます。

それにしても相変わらずドル円は膠着して動きませんね。
今後どっちに動きたがっているのかよくわかりません。
円高論者が増えていることが気になっています・・・。

この株の急落相場でドル円下がらなかったら、何が起こったら下がるんだろう??
と疑問だったりします。
まあ、レパトリのドル買いのせいで支えられているだけかもしれませんが、、、
時間差でドル円は結局下がるんでしょうか。
う~む、どちらにしてもトレード妙味も薄いのでドル円には手を出さずにおきます。

そしてこんな大荒れ相場の渦中で、英国MPC委員からは利上げ示唆。

「ブリハ英MPC委員、英経済は小幅な利上げへの準備ができている」

カーニー総裁も先般2月8日のMPC後に
CPIが目標に達していることでより早い利上げとなる見込み
利上げは段階的なものとなろう、
利上げ時期の見通しは11月時点よりも早まる公算などと発言。

市場には早ければ5月に英国が利上げする可能性を指摘する声も。

英国はポンド高でもいいのかしらね・・・。

それでも今は全然ポンド高にはなっていません。
リスク回避相場でドルに資金回帰しているせいですね。

この混乱が沈静化すればポンド買いに妙味あり、かもしれません。


そうそう、昨晩こんなニュースを見つけました。

海航集団:ドイツ銀行株の保有減らす-今後も「重要」な株主と表明
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-09/P3VZI46JIJVN01

やはり、ドイツ銀行株を売却していたか!

今後の展開にも留意しておきたいと思います。

そのわけは先週のブログ
リスク回避相場に発展するか?!中国、そしてドイツのリスクとは?!
http://hiroko.yutaka-shoji.co.jp/2018/02/blog-post.html


市場ではほとんど騒がれていませんので、
私が前のめりに気になっているだけですが(;'∀')テヘヘ

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社