2018年2月20日火曜日

週明け19日月曜の日経平均株価は 428.96円高の22149.21円!?

※日経平均株価 日足
 
Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/
 
ドル円相場が小幅に反発基調とはいえ106円台をうろうろする中で
随分と株式市場は大きな上昇となりましたね💦
200日移動平均線で下げ止まって、リスクテイク相場に回帰した、との声も。

ただし、売買代金は2兆3256億円と今年最低です。

春節でアジアの一部が休場、今晩はプレジデントデーでNY市場が休場。
海外勢が不在で売り手がいない中で、
先物市場で売りが踏みあげられたような感じ。

積極的な買いによる上昇ではないと思われますので、
この高値を追いかけて買う気にもなれず、、、あれよあれよと上昇する
日経平均をただ眺めるばかりでしたが、
22680円前後くらいまで上がって(黄色の点線)
窓埋めを目指すんでしょうか。
一つ目の窓を埋めても、もう一つ上の窓はアイランドリバーサル形成の
窓ですので、ここを埋めるのは困難かと思っているのですが、

為替市場ではドル安が一服し、ドル円相場も戻り基調。
これが足下では日本株のサポート要因でもありますね。

※ドル円日足 下落が急角度で移動平均からのかい離も大きくなっていた。

Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/

108円台くらいまでの戻りを見せても不思議はありません。
それでもなお下落トレンドは継続ですね。

というのも、ドル安全般に修正が入っている感じ。

※通貨インデックス

通貨インデックス一覧を眺めてみると、先週までのトレンドの修正局面。

円高、ユーロ高、ポンド高がいったん止まっています。
オセアニア上昇にも一呼吸、、、って感じで
ドルだけが底入れした格好。

このドル高、米国3連休とあって、ポジションの整理が行われた影響かと。
つまり、明日から海外勢が戻ってくれば、元のトレンドが再開する可能性が
ある、、、ということかな??想像だけど。
ドルインデックスがW底を付けたような位置で下げ止まっているので
このレベルが意識されてドルショートを手仕舞って休暇にはいった、
ってことだったんじゃないかと思われます。

ユーロドルも高値ブレイクに失敗した格好ですが、
大局のドル安トレンドに変化が生じているというわけではないでしょう。

ということで、すべてのポジションはまだ継続で様子見・・・。

今夜は米国休場で穏やかですが、くりっく株のダウは若干弱含み推移です。


********************

今週21日には1月のFOMC議事要旨の発表があります。
1月は議長の記者会見も見通しの公表もなく注目度が低いFOMCでしたが
こういう時こそ、議事録の内容にサプライズがあったりします。
内容がタカ派的であるか、ハト派的であるか、議事録が出てくる
朝4時にドルが動く可能性あり。

※12月FOMCの声明
「総合インフレ、コアインフレは低下し、引き続き2%以下で推移」
⇒1月声明
「本年の総合インフレ、コアインフレは引き続き2%以下で推移」
と、12月分にあった「インフレが低下し」が削除。

同様に12月声明
「市場ベースのインフレ指標は引き続き低い」

1月「市場ベースのインフレ指標はここ数カ月で上昇、しかし、依然低い水準」
と「ここ数カ月で上昇」を追加。

12月より声明もタカ派的でしたが、、、。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社