2018年2月9日金曜日

おっと危ない危ない、今夜2/8㈭はBOEの政策金利発表があったんだった。

仕事の合間にレートチェックしたらポンドが急伸しててびっくりしたわ(;'∀')
ポンドドルショートしてるんだもの・・・・。

結果は政策金利は据え置き。予想通り。
据え置きは9対0、資産購入枠の据え置きは9対0で決定

ただ、四半期インフレ報告で
18・19年成長と18年成長見通しとインフレ見通し引き上げたんですね。
成長見通し
2018年1.7%(前回1.5%)
2019年1.8%(前回1.7%)
2020年1.7%(前回1.7%)

インフレ見通し
 2018年2.9%(前回2.6%)
2019年2.3%(前回2.3%)
2020年2.2%(前回2.2%)

そしてカーニー英中銀総裁
CPIが目標に達していることでより早い利上げとなる見込み
利上げは段階的なものとなろう、などと発言。
利上げ時期の見通しは11月時点よりも早まる公算だとかで
ポンドが急伸したってワケ・・・。

しかしまあ、この金融混乱の時期に、
加えて米国がドル安政策をちらつかせている状況の中で
ポンド高になるようなことを言うものかしら??ってのが個人的感想です…。


ムニューシン米財務長官のドル安がいいというポロリ本音発言に対し
ドラギECB総裁やノボトニーECB理事など欧州要人は強く反発し
牽制しているというのに。。。
あ、私ちゃんと記者会見を見たわけじゃないので、
あくまでヘッドラインニュースとして入ってきた文言を拾った個人的感想です。
それと、カーニーさんって、発言がコロコロ変わるので信用できない。
移り気なボーイフレンドなんて呼ばれてたりします。。。

それでも、足下ではイギリスの利上げ加速の思惑を織り込むよりも
米金利上昇によるボラティリティ上昇でVIX指数連動ETFが飛んだことによる
ポジション整理がまだ終わっていないようで、混乱は続いており
それどころじゃぁないってことでしょうか。
ポンドは上昇分を吐き出して行ってこいで、イギリス利上げを織り込むのは
まずは足元の危機が沈静化した後、、、になるんでしょうね。



※ポンドドル日足


ということで
1.4104ドルのポンドドルショートはまだ継続。

※今夜ダウは再び下落で現在(2:50)600ドル超の下落です。


※日経平均CFDもこの有様。。




2/8㈭の東京時間の現物市場で日経平均が +245.49 21890.86円と
中途半端に反発すると、ついつい買ってしまいたくなりますが、ここは我慢よ。

ひとつ気がかりなのは東京株式市場の空売り比率が 2/8 45.8%にも上り
過去2番目のボリュームに。
これが踏まされると大きな上昇につながりますので、まだまだ乱高下の様相。
上がるときも値幅が大きくなると思うので気を付けて。
特に来週月曜は祝日で東京市場休場でしょ。。。。

なんとなく、月曜東京勢不在の時に下方向に仕掛けられて大きく下がり、
その後の欧米市場で持ち直して火曜は大きく上昇して始まる、、、なんて
シナリオもありそうなので、個別の信用売りも持ち越すのが怖い週末よね。
かといって個別株を買って3連休持ち越すもの怖すぎる。。。

くりっく株CFDで日経でヘッジしていくか、、、ということで
22000円台で日経ショートも加えました。


1.24617ドルのユーロドルショート、
86.14円の豪ドル円ショート
87.35円のカナダ円ショート
26370ドルのダウCFDショートも継続。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】











※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社