2018年3月14日水曜日

トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任し、
ポンペオCIA長官を後任にあてる人事を発表しました。
Twitterで。(゚Д゚;)エッ?

トランプ米大統領、ティラーソン国務長官を更迭 後任にCIA長官
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-tillerson-idJPKCN1GP1QX?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=5aa80a9b04d301206d141ead&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter

本人はトランプ大統領のtweetで解任を知ったとかなんとか。
さすがに史上最高値更新中のナスダック総合指数は今夜小安く推移しており
イケイケのムードはありませんが、このニュースがあっても
今夜のダウはプラス圏推移。

先週はゲーリーコーン氏が辞任したばかり…。
想定を超えるサプライズ続きのトランプ劇場ですが、
株価はこれにほとんど影響しません。
どちらかというと、雇用統計が再びマーケットへの影響を強めている印象。

2月に発表された1月分の雇用統計の数字が良かったことで米長期金利が急上昇し
VIX指数が急騰したことで、米株が急落し、世界の株価に波紋を広げましたが
先週発表された2月分の雇用統計の数字は、平均時給が抑制的だったことに安心し
ゴルディロックス再びとばかりに、株が買われました。

再度、米株、ひいては日本株の強気相場が戻るか否かは、米長期金利次第。
その米長期金利を動かしているのがインフレ指標で、まずは雇用統計の平均時給。
そして、今夜発表されたCPI消費者物価指数でしょう。
それからFRBが見ているのはPCEコアデフレーター。

※2月米国 消費者物価指数 前月比 0.2%(予想 0.2% 前回 0.5%)
              前年比 2.2%(予想 2.2% 前回 2.1%)
             
※食品エネルギー除くコア  前月比 0.2%(予想 0.2% 前回 0.3%)
              前年比 1.8%(予想 1.8% 前回 1.8%)

2月のCPI米消費者物価指数は前月比+0.2%、前年比+2.2%と事前予想と一致。
前月比は前回の+0.5%から伸びが鈍化。前年比は前回の+2.1%から伸びが加速。
 
これも強いインフレの伸びが確認される内容ではなく、
適温相場継続と受け止めていいかな。
あまり強い数字出なかったことが、ティラーソン氏解任のニュースにも
株売りとならない背景じゃないのかな・・・。

******************************

森友文書書き換えを巡っては報道は安倍政権の先行きに対して悲観一色も
マーケットは崩れず。
マーケット関係者、海外勢はこの問題の帰結を楽観、、、知っていると
いうことなんでしょうか。何とも奇妙な温度差を感じます。

TVや新聞報道とTwitterなどインターネット上のSNSで拡散される事実とが
随分と異なるのも時代が変わったということでしょうか。
もしマーケット関係者、海外勢が日本の一般メディアではなく
SNSをアルゴ解析しているのだとすれば、何となく崩れない理由がわからないでもない。

株式市場の需給としては、海外勢の8週続けて現先併せて7兆円を超える
日本株売りはそろそろ臨界点ではないか、という状況ですので、
新たな売り手不在の中,
買い戻しで上昇しているということかもしれません。
日本の個人は、この森友ネタで株を処分するというような行動には
出ていないようですね。

日米ともに、マーケットと政治は切り離されているのが幸い。

*******************************

今日は為替市場では各国要人発言が為替を動かす要因を作っています。

①ユーロが上昇

レーンECB理事が、現在のユーロ相場の水準について心配していない、と発言。

ユーロ円ショートを持っていたのですがこの発言がなくても
ドル円上昇に連れてユーロ円も強含みで推移。
ユーロ円ショートは撤退を余儀なくされました・・・。(´;ω;`)

②カナダドルが下落

カナダ中銀のポロズ総裁
「カナダ中銀は将来の利上げについてなお慎重なまま」と慎重姿勢を再度強調。
インフレなき成長への可能性にも言及。

私、東京時間にカナダ円をショートしたんだけど、
ショートしたとたんに上昇しだして、(ドル円が上昇してきたので)
損切して途転ロングしたのよね。このロングがポロズさんの発言前までは
すくすく育って利益が伸びていたのに、台無しです。。。

ほぼコストでカット。
乱高下すぎてやる気がなくなりました・・・・。

株が先週のSQ通過でも、森友騒動でも崩れないことを鑑みると
春先に向けて上昇しそうな気がするのですが、
それであれば、ドル円相場もそこそこ反発する可能性があるんじゃないの?
って気がしているんですが、、、、

今夜はCPI受けてドルは軟化していますが。

米金利上昇が沈静化しているため、全般ドル安なので
ドル円はあんまり上がらないか。

だったら、ユーロドルとか豪ドルドルとかキウイドルとか
ドルストレートでのドル売りがいいのかもしれませんね。

でも、このところのトレードがうまく行っていないので
ちょっとチャンスが来るまで休みます・・・・。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社