2018年3月30日金曜日

うっかり気が付いていなかったのですが、明日はグッド・フライデーで
英国、米国が休場なんですね、、、。
だから、欧米勢にとっての第1四半期末の取引って今夜、30日㈭ということです。

そうか、、、、今週は欧米勢は4営業日しかなかったのか。
だから、火曜日以降、ロンドン時間に欧州通貨がものすごい勢いで動いていたのね。

第1四半期期末に向けたレパトリや投信の設定、解約に伴う需給が発生しやすいので
経済指標などの発表がなくても、突発的なボラティリティ上昇が予想される時期では
ありますが、ほんと、今週は決まってロンドンタイムからの欧州通貨売りがみられましたね。

※上段ポンドドル、下段ユーロドル 15分足でみた今週の値動き


東京時間クローズする15時くらいから欧州通貨の売りが出始めます。
15時はロンドン勢の早出組、朝7時になりますが、その時間から
ドル買いが旺盛となった1週間(27日、28日、29日の3日間)でした…。

そして、このドル買い欧州通貨売りが、四半期末による特殊な値動きに終わるのか、
それとも、昨日のブログで取り上げた「ドル調達コスト上昇」の影響が深刻で
ドル不足からドル高になりやすい地合いになっているのかは、まだわかりません。

明日30日㈮はYMTVデスマッチWEBセミナーがありますので
大倉たかしキャプテンにそのあたり、聞いてみたいと思います。

ただ、ドル円相場は昨日NY時間に107円タッチしたところが高値となって
70銭ほど落ちてきていて、ドル買い圧力は低下したように見えます。

※ドル円日足 移動平均線大循環分析の帯で見事反落、今朝が絶好の売り場だった?!


今回も売り損ねたわけですが、ドル資金調達コストが上昇しているってのが
不気味で売り参戦に躊躇してしまった。。。

ただ、通貨インデックス一覧を見るとまだ、ドル高基調は続いているような、、、

※通貨インデックス一覧


特に欧州通貨が弱いところを見ると、グッドフライデー前の駆け込みリバランスだった
ような気もするんだけど、だとすると来週、新年度からまたガラリとムードが
変わるってことですが、果たして。。。

今夜は、米株も戻り基調。特に買い材料はないのですが、揺り戻しかな?

今夜は米指標が期待外れのものばかり。基本は弱い材料のはずですが。。。

3月シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 57.4(前回 61.9から低下)1年ぶりの低水準

3月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値 101.4 (速報値102.0から下方修正)

ミシガン大1年期待インフレ率 2.8%(速報値2.9%から下方修正)

2月個人消費支出 前月比0.2増、小幅な伸び
米経済が第1・四半期に勢いを失った兆候をあらためて示唆

※米株インデックス 右下は日経平均


1.4058ドルポンドドルロングはコストまで到達する下落で撤退です(´;ω;`)
高値ブレイク失敗したときに手仕舞っておけば結構な利益だったのに。。。
損切ではないですが、しょんぼりです。。。

ポジションはすっきりしました。

明日は10時の仲値に注目でしょうか。
年度末、公示レートは決算や資産評価などの指標となりますので
値段を作りに行く、というような値動きがでることもあります。
また、仲値が確定した後に、これを基準にした最終売買がレートを大きく
動かすこともありますので、年度末特殊フローによる乱高下に注意。

リスクを取りたくないので、、、
新年度相場を見極めてから再参戦することにします。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社