2018年4月27日金曜日

26日㈭の為替市場の注目はECB理事会

4月理事会、ECBは金融政策の現状維持決定。
月額300億ユーロ(約4兆円)の資産購入9月末まで継続。
政策金利は購入終了後かなりの期間、現水準に維持する方針を再確認。

保有債券の償還元本は必要な限り再投資し、
資産買入はインフレ軌道が持続的となるまで継続するとしました。

また、ドラギECB総裁は声明で 
総合インフレ率は年内1.5%前後で推移する見込み、
インフレに対する自信はゆるぎないと自信を見せました。

ドラギECB総裁:景気の勢い低下を認める、堅調な拡大続く見通し
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-26/P7SNXJ6K50Y101


これを受けてユーロ高になる瞬間もありましたが、
結局ユーロ安となっています。

ユーロドル相場 15分足


ユーロドルショート保有ですが、こういう動きはノイズなので静観。
結局下がってくれてよかった(*'ω'*)

※ユーロドル相場 日足


日足で見ると、移動平均線5日線が上値を抑える形での下落トレンド。
5日線が機能する相場って、結構勢いがあるトレンドです。
結構下げてくれるんじゃないかなぁと思っています。

ではどのレベルまで下落する可能性があるのか。

※ユーロドル フィボナッチリトレースメント

2017年1月から2018年の高値まで丸1年ひたすら上昇しましたが
この上げ幅に対して38.2%押しで1.171ドルです。

もし半値まで落ち込めば 1.1451ドルですね。

昨日のブログに書いたようにIMM通貨先物ポジションで
ヘッジファンドらのユーロ買い越しは15万枚を超えています。
これが整理されれば結構な下落圧力となると思いますので
1.20ドル割れは割と早い段階で示現しそう。

ということで

ユーロドルショート、豪ドルドルショート、ポンド円ロング継続。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社