2018年5月1日火曜日

私もGWです。3連休、日光に行ってきました!

さて、ユーロドルの1.2219ドルと1.2202ドルショートは
先補と1.2092で買い戻しました。

理由は単純で、テクニカル的にこれ以上の下落にはちょっと時間がかかりそう、
という水準までは下げてしまったような気がするかから

※ユーロドル日足


今年1月の高値と2017年8~9月の戻り高値の水準が1.2090ドル近辺。
基本は売り目線ですが、いったん利益を確保しておきたい。

また戻りを売るつもりですが1.2218~1.2220ドル近辺まで戻ったら・・・。

売り目線継続というのは、いよいよ欧州経済先行きにも警戒が出てきたため。

今日はドイツ消費者物価指数(HICP)速報値が出ましたが
前年比で1.4%、前月比では▲0.1%で、いずれも予想を下回りました。

ECBは今年2018年1月から国債購入規模を各月600億ユーロから3
00憶ユーロに減額しています。
2018年9月まで継続されますが、その後は量的金融緩和(QE)を終了する
(国債購入を終了する)との見通しもあったのですが、、、暗雲。
9月でQE終了というのは難しいかもしれません。

ということで、積み上がっているユーロドルの買い越しポジションは
4/17の週から4/24には2万枚ほど減少していたとはいえ(ユーロロング解消)
まだ13万枚も積み上がったままなのでユーロはまだ下がります。

戻り待ち。

その代わりにドル円を少々ショートしました。
コストは109.27円。

理由は
①4月に発表された日銀短観にあった企業の想定為替レートが
109.66円であること。

②今回のドル円の下落の波動の50%戻り水準が109.70円近辺であること。
(11月高値114.74円→3月安値104.64円の半値が109.69円。)

③現在109.50円から上方向がやたら重くて、すぐには抜けそうにないこと。

GW中で輸出勢は119.50円近辺に売りオーダーを出して休みに入ってしまっていると
思われる中、上値はキャップされてしまっているような・・・

売ったはいいですが、105円割れとか、100円目指すとか、そういう下落を
想定しているワケではありません。
せいぜい108円割れくらいかな。

※ドル円日足


豪ドルドル 0.7770ドルショートは継続。

◆ポンドは手痛い撤退続く・・・・。

先週あきらめきれずに152.09円で再ロングしたポンド円。
またも暴落で151.90円割れでロスカット(´;ω;`)

①1-3月期の英GDP実質国内総生産 速報値の伸びが市場予想を下回りました。

前期比+0.1%(予想+0.3%)
前年比+1.2%(予想+1.4%)

一時は90%を超える利上げ確率でしたが、30%を下回っている模様。
5月の利上げはほぼなくなりました・・・。

②英内相が辞任、メイ政権に打撃 移民問題対応で引責
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3000631030042018FF8000/

英国のラッド内相が辞任においこまれ、メイ首相の責任問題へ?!

152・09円で再ロングしたポンド円 撃沈ロスカット。

結論 もうしばらくはポンドには手を出さない!(*_*)

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社