2018年6月13日水曜日

米朝首脳会談受けて、マーケットが荒れるということもなく
ドル円相場は110円半ばまで上昇しています。

ドル円相場のチャート、じりじりと上値を切り上げており
イベントの多い今週を控えた足下1週間の揉みあいを上に放れて
トレンド化しそうな気配もありますが
クロス円チャートはすべからくレンジのままです。

※クロス円一覧


今夜のFOMC,明日のECB、金曜の日銀会合を控えて
身動きとりにくいはずですが、
ドル円相場には積極的な買いがみられるとの指摘もあり、底堅いですね。


通貨インデックス一覧を確認してみると、、、


円売り傾向がはっきりと出ていますね。
じゃあ、どの通貨が強いのか、というと、はっきりしない。
米ドルインデックスも揉みあっているだけですね。

オセアニア、欧州も弱くて、最弱通貨を競うような傾向があるのですが
マネーはどこに流れ込んでいるんでしょう。

ゴールドもさえないし、、、


今週の米欧日の金融政策がはっきりと出てくれば
新たなテーマ、トレンドが生まれるかと思いますので今は静観。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社