2018年6月21日木曜日

GEがダウ構成銘柄から外れますねぇ、、、
これで、1896年のダウ平均創設時に組み入れられた銘柄の全てが
入れ替わってしまいました。GEが唯一残っていたんですけどね。

米GEがダウ平均から外れる、110年ぶり 株価低迷で
https://www.cnn.co.jp/business/35121115.html

今夜(6/20水曜のNY市場)のダウは小動きですが、
ナスダック総合指数が新高値更新してます。
S&P500も押し目完了で反発したように見えます。

※米3指標と日経平均


日経平均も強かったですね。3日ぶり上昇です。

6/21㈬ 22555.43(+276.95)

これと言って買い材料があったわけではなかったのですが。

3000Pを割り込んでしまった上海総合指数が下げ止まったことを
好感したとの指摘も。今日は7P高。。。。
このレベルで反発と言えるのか疑問ですが💦

※上海総合指数


一部に、中国当局が株価テコ入れ策を打ち出すのではないか、
というような思惑もあるようです。
中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁が19日、
「貿易摩擦の対処に向け、万全の備えがある」と述べたことが
こうした思惑につながっているんでしょうか。
あの中国がこの株価下落を黙ってみているワケがない、と。

上海総合指数が大きく反発すれば、日本株にも安心感が広がる可能性。
という期待が、日本株の買い戻しを誘ったのかもしれません。

ドル円相場はそもそも大きく崩れていませんし、
あまり売りに執着すると踏みあげられるかもしれませんね。
米株は、適度な押し目を形成した程度にしか下がっていないんですもの。

為替市場では、資源関連通貨安が鮮明。

※通貨インデックス


豪ドル、NZドル、カナダドル安が強いトレンドですね。
為替市場の方が、通商問題を織り込んでいるような気がします。

ということで、カナダドルショートは継続します。

**********************************

今日はポンドが反発。

英下院は上院が提案したEU離脱法案修正案を否決。

離脱法案をめぐっての政権内での対立、混乱がひとまず回避された、
との見方からポンド買いが旺盛になった、、、。

ということのようですが、ポンドはテクニカル的にも決して強いとは思えず。
今日の高値はチャンス?!売りたいんですけど、
明日BOEを控えているので我慢。

1.3150ドル割れに逆指値の売り注文を置いておきます。

ポンド円は、ドル円がしっかりなので、あまり下がらないかも。
ということで、素直にドルストレートでのポンド売りにします。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社