2018年6月8日金曜日

ドル円相場は110円をはさんでもみもみ、、、ですね。

※ドル円


日米の株価は堅調(リスクオン気味)ですが、、、ドル円が上がらない。

※米株3指標と日経平均


それもそのはず。
米長期金利の上昇が止まって、こちらもレンジっぽいからですね。

※米長期債利回り


これは、前にも書きましたが、
投機筋らが米債のビッグショートを抱えた状態であることが一因かと。

投機筋らの米国債先物市場での売り越しは47万1067枚、
1993年以降で最大に上っています。

余波に注意。ファンドの米債ビッグショート、イタリア政情不安で大惨敗の図
http://www.mag2.com/p/money/468307

イタリア危機でイタリア国債が叩き売られた5月最終週、
受け皿となった米国債が買われて米債券価格は上昇(利回り下落)

これで初代債券王ビルグロースも大損失を抱えたとか。

※米債ポジション


これ、整理される過程では債券買戻し=債券価格上昇=利回り下落

ですから、この米債ショートが整理されないことには
米金利上昇は抑制的であるといえます。

これがドル高を阻んでいるということね。

代わりに、ECB要人らから飛び出したタカ派発言でユーロが強い。
来週14日はECB理事会です。思惑がユーロ買いを加速させています。

ということで、ドル売り、ユーロ買いですね。

※通貨インデックス一覧


過去6回のFOMC利上げを振り返るとFOMC前まではドル高となりやすいのですが
今回は、投機筋らの米債ショートポジの影響で(将来の金利上昇を先食いしすぎた)
13日FOMCまでCountdownという今になっても金利が上がらずドルが上がらない。
今回はイレギュラーパターンですね。。。

ということで、通貨インデックス一覧から見えてくるのが
一番強いのがユーロ、一番弱いのがドル、もしくは円。

ということで、ここは素直にユーロドルロングが正解かな。
ユーロドルロング、ポンドドルロング、豪ドル円ロングは継続です。

ドル円は上がりませんが、、、日米の株に関しては強気で見てます。
6月のイベントリスクで急落があれば買う方針。

****************************

気になるニュース

①今日、トルコ中銀は政策金利を17.75%に125bp引き上げを発表。
市場の想定外の利上げに驚いてトルコリラ/円は3%もの上昇!

※トルコ円15分


ただ、日足でみればこんなものです・・・

※トルコ円日足


6月24日にトルコ大統領選がありますが。

独裁政権と呼ばれているエルドアン政権は
政府から独立した中央銀行に圧力を強める考えを示しており、
これトルコリラ下落を招いていました。

通貨防衛で5月にも利上げを実施していますが、
選挙前にもう一回やっとけ、って感じかな。。。

足下では利上げが効いてトルコリラ下落に歯止めがかかっていますが
選挙結果を受けて、また動きそうです。

②ドイツ銀株の空売り、世界大手行で最大規模
https://jp.reuters.com/article/deutsche-bank-idJPKCN1J201V

信用取引で貸しに出されているドイツ銀行株は現在10億ドル近くにのぼり、
ドル建てで見るとグローバル行の中で最も多い。

DAX構成銘柄の中でも、ドイツ銀行株は最も貸株の多い銘柄、
同行株のうち約5%が貸し出されている。これは過去1年超で最も多い。

オプション市場では、ドイツ銀株のプット・コール・レシオが
5日時点で1.28。「1を超えると弱気心理を示す」
過去1カ月の平均は2.23と、2014年5月のピークを超えて
2008年の世界金融危機以来の最高値に迫りつつある。


ドイツ銀行リスク、現状ではマーケットはスルー。
いつか噴出すると思います。


③中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した2018年5月末の外貨準備高、
前月末より142億ドル少ない3兆1106億ドル(約340兆円)。2カ月連続減。

5月は対ユーロでドル高が進み、外貨準備のうちユーロ建てで保有する
債券の価値がドル換算で目減りしたのが主因。
外貨準備を押し上げる貿易黒字が縮小傾向にあることも影響した。

中国の中央銀行の外準の規模は大きいので、リバランスされれば
市場が大きく動くので注目しておきたいのですが、
事前にはわからないんですよねぇ、、、。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社