2018年6月6日水曜日

6/5㈫、ドル円一瞬110円タッチ!
109.54円でショートしたドル円ポジション消滅!

5月3.1%まで上昇した米長期金利は2.9%どまりであまり上がらないんだけど
今日も日経平均がしっかりで、ドル円も上昇圧力が強まったって感じ。
22539.54(+ 63.60)

その後、また下げてきているんですけど(´・ω・`)ナンヤ・・・
ストップ置く場所、もうちょっと上にしておけばよかったかな。

しかし、ドル円はレンジに入っちゃってるのでわかりにくいし
新興国や欧州から逃げ出した資金が米国に集中する中で
時価総額が大きなハイテク株が堅調となれば、日本株も堅調となり
リスクオンムードが強まってドル円は下落しにくい地合いになっちゃう。

しかし逃避マネーは米国債にも流入しているようですので
金利の上昇が抑制的。だから、上がりにくくもなっている。

※米10年債利回り Chart:TradingView
https://jp.tradingview.com/chart/ 


 これは、、、三尊形成パターン?!
ということで、ドル円は膠着しちゃうんじゃないかと思ってます。。。

その代わりに今日は豪ドル円をショートしました。RBAの後に。

豪中銀、政策金利を1.50%に据え置き
https://jp.reuters.com/article/rba-cash-rate-idJPKCN1J10EY

過去最低の1.50%に据え置くことを決定。
据え置きは22カ月連続で、1990年以降で最長。

昨日までの豪ドル高は、おそらく今日の政策金利発表を控えての買戻し。
タカ派的出ないことが確認されれば、再度売り直されるかも、、、と考えました。

声明で、国内総生産(GDP)の伸びが加速し
「2018年と2019年に平均で3%を若干上回る見通し」
と予想していますがGDPの約57%を占める家計消費については
「引き続き不透明要因」としています。

また、インフレと賃金の伸びが弱いことにも言及しており、
決してタカ派的じゃなかったですね。
銀行間先物市場では、来年9月まで利上げを完全には織り込んでいないため
昨日までの豪ドル上昇はやややりすぎかと。

テクニカル的にも豪ドル円はレンジ上限に到達していました。

※豪ドル円 Chart:TradingView
https://jp.tradingview.com/chart/ 


ということで、今日は豪ドル円を83.89円でショートしています。
豪州の輸出品目として大きい鉄鉱石価格もさえないし、、、


※鉄鉱石日足 Chart:TradingView
https://jp.tradingview.com/chart/ 


1.3352ドルのポンドドルロングは継続。

今夜はECB、14日の理事会でQE出口戦略を議論する可能性との
報道があって、ユーロが強含み、、、ということで
ユーロ高、ドル安基調が鮮明に。

この報道を受けてでしょうか。
こうして書いているうちにドル円が下がってきたー(´;ω;`)
もうポジションないのに・・・。

ここからユーロドル、ポンドドルの反発が大きくなって
米ドルは軟調となるかもしれません。
米金利もFOMC前にしてはさえませんし。

今夜は米株も反落基調。

※米株3指数と日経平均 Chart:TradingView
https://jp.tradingview.com/chart/ 


多分、年初来高値を更新するか否か、
ってとこまで上昇してきたナスダック指数が
テクニカル的に利食われているんじゃないかと。
今週FAANG銘柄が年初来高値更新していましたね。

ダウや日経はレンジの中での小動きですが
ナスダック総合指数が大きく崩れれば、同じように下落圧力が強まるでしょう。

今夜はこの動きを受けて、ドル円も下げてきたものと思われます。
タイミング悪かったな・・・。

ただ、ナスダックはいったん押し目を形成して、再上昇の勢いで高値を更新
するかもしれません。EMA5日線、20日線辺りで下げ止まるか。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社