2018年7月31日火曜日

31日火曜発表の日銀の金融政策決定会合前日なので
どうにも動きにくいとしかいいようがないのですが、
30日月曜日も日銀は指値オペを実施しました。

しかも14:00に。

ただし、午前からの債券市場の値動きで、今日も日銀が動くだろうという
観測は出ていましたので、想定内)

日本国債長期債利回りが1年半ぶり0.110%に上昇。
前営業日比1.5bp高、2017年2月3日以来。

日銀は27日金曜に0.105%で指値オペを実施していましたので
今日30日も14:00指値オペの可能性は市場関係者の間ではコンセンサスと
化していたので、あまり相場には大きな影響がありませんでした。

むしろ、ここで指値オペしないと整合性が取れない
との市場の声がありましたね。

日銀、指し値オペで金利上昇抑制 1兆6403億円「実弾介入」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3356575030072018I00000/

それでも、ドル円相場は膠着の様相を呈しており、
為替市場を大きく動かすような材料ではなくなってきた?!
ッてな印象もあります。

これぞ日銀が望んだ(かもしれない)「市場との対話」
なんでしょうか。。。一部には日銀の緩和政策の柔軟化、というのは
日銀関係者からのリークであり、出口に向けての地ならしのために
あえてメディアに政策修正の可能性をリークしたとの見方もあります。

それでもドル円相場はレンジの域を出ない、、、、

ということで、ポジションはフラットのまま。
ドル円はレンジブレイクの逆指値狙いです。

、、、、明日の会合まち。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社