2018年9月28日金曜日

FOMC受けて、、、ドル高が鮮明となってきました。

★9月FOMC 予想通り政策金利を2~2.25%に引き上げ

■FOMC声明
「政策姿勢は引き続き緩和的」との文言を削除

~市場では「金融政策が以前ほど緩和的でなく、
中立金利に近付きつつあるとのシグナルを市場に発した」との指摘も

(これまでと比べて緩和的政策でなくなってきている)
ということですので、ここからの利上げペースは緩やかになると
捉える向きも出てきます。つまり、ハト派的との受け止められるわけね。

~パウエルFRB議長「緩和的の文言削除は政策変更ではない。
予想に一致しているとの判断をあらわす」と説明。
決して今後の利上げペースが変わると言っているわけじゃないとしています。

じゃあ、利上げペースはどうなるのかというと、、、

■FOMCメンバー金利見通し~2020年で利上げ打ち止めか

・2018年年内利上げはあと1回、合計4回。
・2019年3回 従来予想維持
・2020年1回 従来予想維持
・2021年0回 ←New!金利見通し中央値は3.375%で2020年と同じ

2020年までは従来予想が維持されたのですが、
今回から2021年予想が出てきました。
それが2020年と同じ見通しだったため、
現時点では2021年の利上げはないという見通しで
2020年で利上げが終わる、との受け止め方も出てきます。

これもやっぱシグナルとしてはハト派的よねぇ。

しかし、経済見通しが上方修正されています。

■経済見通し~今年と来年の経済成長率の見通しを引き上げ 

・2018年3.1%(6月時点では2.8%、引き上げられた)
・2019年2.5%(6月時点で2.4%、引き上げられた)
・2020年2.0%(6月と同じ、据え置き)
・2021年1.8% ←New!

2018年、2019年の見通しが引き上げられたことで
ここからみるとタカ派的、、、ということになります。


発表後乱高下しましたが、、、1日経過してみたら
「ドル高」ですねぇ。。。。

今回のFOMC,決してタカ派的だったとは思えませんが
市場はドル買いに動いています。

※通貨インデックス一覧 またしてもドル独歩高


これが継続するんでしょうか。。。。

おかげでドル円相場は113.30円台まで上昇してます。
今日の欧州時間からドル円上昇が顕著。
う~む、月末が関係しているんでしょうか。
7月高値113.17円を超えていますので
次は114.50円近辺がターゲットとなるんじゃないかしら。

月足も形を崩すことなく終えそうです。
明日までに急落がなければ月足での三役好転確定で
三角持ち合い上抜け確定ですね。


私はFOMC受けて材料出尽くしでドル安となると思っていたので
ちょっと意外な展開。ユーロドル1.1800ドルに逆指値でユーロ買いを
おいていましたが、ギリギリヒットせず反落しており、
今日はイタリアリスクでユーロ売りが加速、レンジ下限を目指す動きに
入ってしまいました。。。。

※ユーロドル日足 黄色のボックスで推移、再び下限に向かうのか。


一部通信社が「イタリア政府が2019年予算案に関する会合を
延期する可能性がある」などと報道したことでユーロ売り。

これに対してイタリアのディマイオ副首相が、
閣僚会議が27日に予定されていることを確認。
予算協議が延期されるとの通信社道を否定しています。

でもユーロ買いにはなっていません。。。

通貨インデックスを見るとどの通貨に対しても
ドルが強含みの展開なので、イタリアの報道がなくてもユーロドルは
レンジ下限方向に落ちていったんじゃないかとも思いますが。

ん~ここからドル円ロングは勇気がいるなぁ。
押し目買いしてみようかな・・・。

ユーロドルはレンジ下限まで来たら買おうと思いますが
今は中途半端な値位置ね。

ということで、うまく乗れていません💦

ユーロオージーは昨日急落する局面が。
ロング、止めました・・・・損切です(´;ω;`)

日経平均、9日ぶり反落となりましたが
夜間取引では堅調推移です。米株が高いことと
ドル円がしっかり、ということで支えられそう。

株高が続くなら、ドル円もこのまま上がりそうね。
ドル円、今度押したら買ってみます。
昨日のFOMCでの押しがチャンスだったんだなぁ、、、、。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社