2018年9月30日日曜日

先週は注目されていた日米通商交渉への警戒が後退した週。

なかなか交渉内容が明らかにならなかったのですが
26日の日米首脳会議で新たなキーワードともに、警戒が緩みました。

日米 新貿易協定「TAG」とは 交渉開始で合意
https://www.fnn.jp/posts/00401860CX

日米首脳会談で合意したTAG(日米物品貿易協定)の交渉が始ります。
米国はFTAといっているようですが、、、

交渉中は自動車への追加関税はかけないということで当面回避されました。
これはマーケットにとっては好感されるでしょ。ひとまず、ですが。
日本の自動車業界はこの結果を歓迎しています。

※TAG=トレード・アグリーメント・オン・グッズ
物品貿易に関する交渉。投資、サービスなどのルール分野を含まないもの。
モノの関税に絞るのが特徴。

米国側は米国内向けにはFTAだと説明している、としてこれで楽観はできないとの
指摘もありますが、マーケットの反応としては日米貿易摩擦の懸念払しょくで
踏みあがった(買い戻された)という側面もあったでしょう。

先週末27日日経平均はザラバベースで26年ぶり高値を更新しました。
323.30円高の24120.04円 24124円を超えるとバブル後の高値更新。

さあ、この強さ、どこまで続くでしょうか。

今週から10月、米国は新会計年度。
日本は下期入り。

まずは明日、10/1に日銀短観(9月調査)が発表されます。
大企業製造業のDIが、3四半期ぶりの改善を示すと予想されていますが、さて。

10月2日には内閣改造・党役員人が発表される予定。
海外勢の注目が意外と高いようですね。新たな風を期待しているとかで
人事が好感されると買いやすくなるようです。

来年10月には消費増税が予定されているのですが、仮に実施を確実にするならば
大幅補正も、との期待が相場を押し上げていますが、内閣改造後本格的に
この点にも注目が集まってきます。個人的にはネガティブ要因ではないと思います。

ということで、多少押し目はあろうかと思いますが
日本株はまだ高値を更新していくんじゃないか、と考えているのですが、、、。

米国市場も堅調。
米国の4-6月期GDP確定値は改定値と同じ前期比年率+4.2%と、4年ぶりの高成長。

米株は高値圏での推移が続いています。
いよいよ10月ともなれば中間選挙に向けてのリスクも警戒されようかと思いますが
中間選挙絡みで下がったら買いたい投資家が多くて、むしろチャンスととらえるべきかと。

警戒からのショートは踏まれ続けているのが今年の米株相場です。

◆リスクは欧州。イタリア。なんと赤字財政計画を発表・・・。

9月27日、イタリアの連立政権は2019年予算概要の財政赤字目標を
GDP比2.4%とすることで合意。EUルールはGDP比3%以内ですので
ルールには抵触しないものの、黒字化する気はないようです。

欧州株が全面安 イタリア、2年3カ月ぶり下落率
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3592221029092018000000/

イタリア、薄氷の財政 黒字化目標は後退
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3590887028092018FF8000/
8月31日に格付け会社フィッチ・レーティングスはすでに、
イタリアの格付け見通しを安定的からネガティブ(弱含み)
に引き下げていますが、 S&Pグローバル・レーティングは
10月26日に格付け見直し予定。
ムーディーズも10月に発表するようです。

主要3社のイタリア格付けは、いずれもジャンク級(投機的格付け)から
2段階上ですが格下げでイタリアへの投資を見直さざるを得ない
機関投資家らが出てくるリスクが。

イタリア、ジャンク陥落なら資金「突然途絶える」リスクーゴールドマン
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-28/PFRK716JTSE801

10月はこの点には留意しておきましょう・・・。

おかげでユーロはレンジ上抜け失敗し、ボックスの中へ戻されています。。。

※ユーロドル それでもボックス下値ではユーロドルを買いたい。今週買うかも。


欧州株も安かったんですが、これがまだマクロマーケットに影響するほどの
リスクではなさそうです。週末ダウは小幅ながら高かったですし。。。

ということで、イタリアリスクはどこでどんな形で
米株や日本株に影響するかわかりませんが
英国ハードブレグジット懸念や上海株下落も、無視して日米株価は上昇していますね。

これに違和感がないわけではないですが、流れに逆らわずに
足下は日米の株価の強さ、ドル円の強さについていくしかありません。

ドル円押し目を待っていましたがほとんど押し目がなくて、
113・29 円でエイやっとドル円を少しだけロングしています・・・
週明けからドカンと下がりませんように・・・。

※ドル円月足 月足で三役好転確定、三角持ち合いも上抜け


テクニカル的にはさらに上値追いの形ですので、
大丈夫じゃないかな、、、、。

今週は中国国慶節、中国市場は1週間の休場です。
上海市場を意識しなくていい分、上値も軽くなるかも、、?!

日本株は押し目を丁寧に拾っていきたいと思いますが、
ドル円は随分高値で飛び乗ったので💦リスクは抑えめで参ります。

10月相場はボラティリティが上昇することで知られています。
世界大恐慌やブラックマンデー、ロシア危機などは全て10月。

その意味では楽観が市場を席捲し始めている点に警戒は必要ですね。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社