2018年10月11日木曜日

リスクオフの様相を呈してきました。

今日は日経平均が5営業ぶりに反発したものの、
今夜の米株市場が大幅下落です。

※米株主要指標 ラッセル2000が炭鉱のカナリアだった?!
 

米金利は高止まりですが
日米金利差は拡大傾向でもドル円が上がらなくなってきたのは
株の下落、リスクオフの様相を呈してきたせいですね。

金利差を材料にドル円が買われるというのは、株価が安定していることが前提です。
株下落でリスクオフとなれば円高圧力が強まります。
いくら日米金利差が拡大していても。

ということで、金利上昇でもドル買いにならなくなった、
株価は警戒を強めているということで、ドル円、豪ドル円ショート継続。

このニュースも影響しているんでしょうか。小売り大手が破産申請。

米シアーズ、12日にも連邦破産法11条適用申請=関係筋
https://jp.reuters.com/article/sears-idJPKCN1MK2AA
※VIX指数も上昇してきました。
2月のショックに比べればまだ心配するほどでもないですが。


欧州通貨は強いですね。
通貨インデックスを見ると、ポンド、ユーロは上昇しています。
ドル売り、欧州通貨買いです。

来週19~20日のEU首脳会談までに、一部には15日までに
ブレグジット交渉で合意できるという報道も出てきて、楽観的になってますね。

このニュースも好感されているようです。

英労働党30─40議員、首相のEU離脱案を支持の可能性=タイムズ紙
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-labour-idJPKCN1MK0TT

野党が、、、です。これはポジティブですね。

EUのブレグジット交渉担当者も
英国との合意が「非常に近い」と考えていると述べたとあります。

ホントですかねぇ…。

ポンドの上昇、めっちゃ魅力的な動きですが、触らないでおきます。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社