2018年10月30日火曜日

週明け29日月曜の日経平均、一時200円を超える上昇も大引けでは
▼34.80円の21149.80円

上海総合指数が反落したことに神経質となったようです。
中国人民元、対ドルで10年ぶり安値圏で推移しています。

まあ、そもそも200円高まであると思っていなかったですし
トランプ大統領が週末日本の自動車にも関税発言をしていたので
弱いだろうことは想定内。

そして、今週は反発局面入りするだろうことも想定内・・・ですが
日経CFDはリバウンド弱いですねぇ・・・。

ドル円は112.40円台まで上昇して、くちゃくちゃにもみ合ってるだけですが
株が反発となればレンジ高値の114円トライもありそうな地合いです。

今夜は米国指標、個人所得が冴えず。

米・9月個人所得:前月比+0.2%(予想:+0.4%、8月:+0.4%)
2017年1月以降で最低の伸び

米・9月コアPCE価格指数:前年比+2.0%(予想:+2.0%、8月:+2.0%)
予想通り。

米・9月個人消費支出:前月比+0.4%(予想:+0.4%、8月:+0.5%)
予想を上回る結果、先月分も上方修正。

月末週ですし、あまりリスクを取りたくないので
日経、ドル円は様子見とします。

------------------------------------

面白いのは、ユーロに弱い材料が出たのに反発上昇していることかしら。

ドイツのヘッセン州議会選挙で、与党がまたしても惨敗。
14日のバイエルン州議会選でも大敗していました。

与党CDU(キリスト教民主同盟)もCSUも前回から10%以上得票率ダウン。
おまけに連立に加わったSPDも大きく得票率を落としています。
ということで連立離脱の可能性も出てきましたが、
メルケル首相が、CDU党首から退く意向を明らかにしています。

メルケルさんは2000年から党首を務めており、
首相任期である21年秋までは首相に留まる意向だそうですが
12月に行われる党大会での党首選には出馬しない意向とのこと。

ということで、ドイツの政局不安が高まっているわけですが
ユーロはむしろ買戻しが旺盛となったところを見ると
議会選の結果が悪いことを見越して、先に売っていた向きが
結果が出たことで買い戻したということか。

ただ、ドンドコ上がっていく感じじゃなくて、
あくまで買い戻しって感じね。
方向感なく神経質に乱高下しています、下値圏で。

どうも、まだ売る気になれません…。
ユーロドルはWボトムとなって上昇するリスクもありそうなのよね。

イタリアの財政計画拒否リスクに加えて
ドイツの政局不安でもなかなか下がらないとなると、
好材料があれば、むしろ買い戻しが旺盛になるんじゃないか?!
また、ブレグジットリスクで弱いポンドという通貨があるので
ユーロポンドでは足下、ユーロが強いということが気になります。

ということで、ポジションはポンドショート継続のみ。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社