2018年11月7日水曜日

中間選挙結果はコンセンサス通りで波乱なし、でしょうか。


【米中間選挙】 民主党が下院を奪還 トランプ政権に打撃
https://www.bbc.com/japanese/46119857

中間選挙で与党が負けねじれ議会となるっていうのがそもそも珍しくないですし
株式市場の楽観は事前に大幅下落を強いられて吹き飛んでいましたので
ここからさらに選挙結果を受けて下落するという流れにはならないと思います。

ただ、10月の急落で株式市場は上昇トレンドから下落トレンドに転換しており
コンセンサス通りで波乱なしだから、株が上がるというものでもなさそう。

※日経平均 200EMAが上値を抑えてうわ髭が。。。
 
為替市場では、ドル安が進行しています。

※通貨インデックス一覧
 
トランプ大統領が中間選挙前に掲げた「中間層向け10%減税」も
やりにくくなるでしょうし、大盤振る舞いもやりにくくなるとの見方から
米金利上昇圧力が低下するとの思惑でしょうか。

※米10年債利回り 短期的にWトップの可能性も?
 
民主党は民主党で、1兆ドル規模のインフラ計画を発表していますので
その点では金利が急低下するということでもないと思っていますが
金利の急騰の懸念は後退した、というところでしょう。

その意味では、米株市場にとってはポジティブかもしれません。
今夜の米株がどう動くか、、、意外と上がるんじゃないかって気もします。

米株は金利上昇ピッチが緩むため安心感から買い、
日本株はねじれ議会となったために、トランプ大統領が外交で点数稼ぎ強化に
動く可能性があるため、日米通商問題リスクが再燃する、との指摘も。

その意味では米株高、日本株安ということかもしれません。

為替市場は、全般ドル安、、、かな。

今朝発表されたNZの7-9月雇用統計を受けてNZドルが大幅高ですね。

雇用者数 前年比+2.8%(予想+2.0%)
失業率 3.9%(予想4.4%)
平均時給 前期比+1.4%(前期+0.2%、予想+0.8%)

先日のブログでオセアニア通貨動向には注目していましたが
キウイがテクニカル的に好転。



※NZドル/ドル





※NZドル/円



ドル安だぁ~と思って、
NZドル/ドルを0.6719ドルでロング参戦したのですが
NZドル/円の方が200EMAを上回ってチャート的には強い形ですね。
NZドル/円も押し目を拾おうかと考えています。

NZドル/ドルは200EMAでたたかれるリスクにも注意しながら。

今週は 8日木曜、明日金融政策会合がありますので、
もし下落があればロング参戦。

ドル安になってきたので、1.1360ドルのユーロ/ドルロングもなんとか利益に。


ん~ユーロ上昇力弱いですね。途転するならポンドだったか。
こうして俯瞰してみるとユーロ/ドル相場、決していいチャートではありません💦
あまり粘らないほうがいいかなぁ。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社