2018年12月20日木曜日

12月FOMC 大方の予想通り0.25%の利上げ決定

注目の来年2019年利上げ見通しは9月時点の3回から2回へ。

2019年利上げ予想:0回2人、1回4人、2回5人、3回6人で中央値は2.875%の2回)

19年GDP見通しを2.3%に引き下げ。
20年2.0%、21年1.8%変わらず。

PCE,コアOCEは2018.2019.2020年と若干の引き下げ

以下ロイターまとめ参照
https://jp.reuters.com/article/%E3%80%94%E8%A1%A8%E3%80%95%EF%BC%A6%EF%BC%B2%EF%BC%A2%E7%B1%B3%E7%B5%8C%E6%B8%88%E8%A6%8B%E9%80%9A%E3%81%97-idJPL3N1YO4NL


マーケットはすでに来年利上げなし(12月今回で打ち止め)の織り込みが
40%近くにもなっていたので
従来の3回予想が2回に引き下げられたとはいえ、FOMCはタカ派な印象。

ということで、発表後ドル高が進行しています。

※ドル円日足 100SMAがサポートされた?!下ヒゲ~~


米ユーロ/ドル相場はFOMC前にイタリアの制裁が見送られたことで
上昇していましたが結局レンジ内に叩き落されました。

EU:対イタリアの制裁手続き見送り、ポピュリスト政権の譲歩を評価
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-19/PJZH0J6TTDS001

※ユーロドル日足 上値重すぎ、、、


ということでユーロ円を128.07円で売り参戦してみました。

※ユーロ円日足


大循環分析では下方向に放れる形になっていますね。

今回のFOMCは思ったよりタカ派的な印象ではありますが、
利上げについては市場との乖離が埋められていません。
来年2回は果たして現実的なのか。

これを受けて、米株は乱高下。
発表前は300ドル程度高かったのですが、一気にマイナスに転じ、
一度反発するも再下落となっています。

※株価推移 大引けまでまだ時間がありますが、、、


株がこのまま落ちて行けば、
またしてもトランプ大統領が吠えると思われます。
それ、見たことか。

この状況では、いくらFOMCが思ったよりタカ派だったからといって
ドル/円相場の上昇も一時的なものに終わりそう。

ということで、ユーロは上がりきらない地合いのなかで
リスクオフでドル円が再下落となるなら、ユーロ円売りが妙味大。

大倉キャプテンのストラテジーですが、遅ればせながら参戦。

ドル円、FOMC後上昇したとはいえ、112円台半ばが精いっぱいですものね。

ということで、
81.58円豪ドル円ショートと128.07円ユーロ円ショートです。
豪ドル円は気持ちよく下がってますが、
NZドル/円のショートも面白そうです。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社