2019年1月8日火曜日

7日月曜、日経平均は 20,038.97円    +477.01 
4日大発会の 19,561.96円    -452.81円の下げ幅を取り戻し2万円大台回復。

現在のダウは200ドル以上の上昇を見せていますので、米株もしっかり。
原油はサウジアラビアが石油輸出を11月の水準からさらに削減、
日量710万バレルとし、原油価格を80ドルに引き上げることを目指す計画
と報じられたことで大きく上昇、WTI価格が49ドル台まで反発中。

年末年始のリスクオフムードは後退しつつありますが、
7~8日の米中の次官級通商交渉が決裂すれば再下落、
これがうまく落としどころを見つけられれば、
さらに戻りが大きくなるかな。

トランプ大統領は株価を気にしているだろうから、
何とか着地点を模索するんじゃないか、
というような期待もあって買い戻しが進んでいるのかもしれません。

※世界の主要株価インデックス一覧


まあ、基本は下落トレンドの戻り局面なのですが。


※ドル円、クロス円


※ドルストレート


4日のパウエル議長講演からドル安基調。

※通貨インデックス一覧 下がっているのはドルと円

ドル安、円安ですが、カナダと豪ドルの上昇が大きいので
ドルカナダショート、豪ドルドルロング、
カナダ円ロング、豪ドル円ロングが最もパフォーマンスのいい通貨ペア。

ドル/カナダショートと、豪ドルドルロングポジションは継続とします。

目下、相場急変リスクは米中貿易交渉。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社