2019年1月30日水曜日

週明け28日月曜、キャタピラーとエヌビディアの中国絡みの売り上げ鈍化で
急落となった米株市場、翌29日火曜は現在AM2:00時連で80ドル高です。

今夜はここまで比較的落ち着いた推移。
というのも、日本時間AM4:00(ロンドン時間19:00)に
英議会がブレグジット修正案の採決することが決まっていますので
これの結果待ちですね。
この後Appleの決算なども控えています。

12月大底、1月急反発、そして、、、というポイントですが
雪崩を打って再下落突入というムードでもありません。

やはりFEDの引き締め政策の修正による買い戻しの圧力も大きく
売りにくいんじゃないかと思います。

それが証拠にゴールドは続伸しています。

※ドル建てゴールド


今夜発表された消費者信頼感指数も弱く、
かえってFEDの引き締め継続の可能性が薄れるという思惑が
マーケットにはプラスに働くという循環に入っている感じね。

米・1月消費者信頼感指数:120.2(予想:124.0、12月:126.6←128.1)
2017年7月来で最低
現況は169.6 昨年9月来で最低、
期待値87.3、大統領選挙直前の2016年10月来で最低

朝方の英議会の採決とAppleの決算待ちですが
東京市場のネタでいうと、マザーズ市場、30日水曜は波乱含みとなりそう。

これまでマザーズ市場をけん引してきた銘柄サンバイオですが、
再生細胞薬の慢性期脳梗塞を対象にした臨床試験で主要評価項目を
達成できなかったと発表したことで、マザーズ先物が急落しています。
現物市場が引けた後の値動きです。

※マザーズ先物


サンバイオの急落覚悟ですが、他の銘柄にも売りが広がる可能性。

ということでこのところ強かった新興市場が心配です。
テクニカル的には下落トレンドの中の戻り局面が終了した、って感じですね。。。

ドル円市場には大きな動きなし。
通貨市場はもみ合いに入っていますね。

ドルカナダショートは継続です。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社