2019年2月18日月曜日

14日、米議会は予算案を可決しましたがトランプ大統領は壁予算保で非常事態宣言を発令。
かといってマーケットに必ずしもネガティブなわけではありませんので
慌てふためかないことです。政府機関の再シャットダウンは免れたわけで、
今夜は米国はプレジデントデーで休場ですが、
週明けの日経平均は強いですね。
午前10時300円を超える上昇を見せています。

非常事態宣言とは トランプ大統領、これまで3件
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41317340V10C19A2000000/

市場はむしろ、米国の非常事態宣言(だって非常事態って壁ですから)云々より
米中貿易交渉の進展を好感している模様。

3月1日としていた制裁関税の発動を60日間延期する用意があるとの報道もあり
これは、交渉を前向きに進めているが故の延長と受け止める向きが大勢。

習近平国家主席が15日、ライトハイザー通商代表らと面会し
「重要な進展を得た」と伝えたとか、
大豆やエネルギーを含む米国製品の輸入拡大、輸入車の関税引き下げ、
外資系企業による中国合弁企業の過半数株式保有の認可などの対応策を
すでに提示している模様。

トランプ米大統領も「中国と貿易協議合意にかなり近づいた」
「いずれ習国家主席と会談する」と述べており、マーケットを壊すような決裂がない
とみたMoneyがリスクを取る方向で動き出した、ということのようです。

ただし、大統領の非常事態宣言に民主党は強く抵抗していますので
2020年度の予算編成や債務上限引き上げが難航する可能性が大きく、
この財政の崖問題は3月2日に復活します。

議会が債務上限を引き上げないと、
米政府は歳入を超えて歳出を増やすことができず、
国債の利払いなど自然に発生する債務の履行が滞る可能性が出てきます。
最悪の場合デフォルト(債務不履行)です。
後2週間ほどでその期限がやってきますので、
このリスクオン相場も急反落となる可能性は捨てきれません。

ただ、今は短期的に買いが優勢ですね。

原油もゴールドも堅調です。
※WTI原油 原油が強ければリスクオン


※ゴールド ゴールドの覚醒はまた別の意味もありそうですが
      FRBのスタンス変更もあって将来ドル安となるリスクを回避する
      金買いが旺盛なんだと思われます。世界の外準の金の比率も上昇。

クロス円がきれいに上昇しているので
今週はポンド円、NZドル/円、カナダ/円辺りの押し目を拾ってみようかと思ってます。
週末リスクが嫌なのでノーポジで週超えしたのですが
クロス円は軒並み堅調ですね💦

※クロス円一覧

 

通貨インデックス一覧見ると、ドル高が一服、ユーロ安が一服に見えます。



ということは、ユーロドルのロングにも妙味あり、かもしれません。

※ユーロドル


ただただレンジなのですが、レンジ下限まで売られているので
レンジ内に戻る動きを取るのも今週ありかな、と思ってます。

 人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社