2019年4月5日金曜日


う~んドル円のボラ低すぎ。
日経平均も膠着、上値が重いわよね。

上海総合は4日の取引でも上値追い、
今夜も米株は堅調。
なぜ日本株市場だけが重いのか・・・(;´Д`)

進展から合意近しと思惑広がる米中貿易協議ですが
日本時間の5日午前5時半に、
トランプ米大統領と中国の劉鶴副首相の会談が予定されています。
あと3時間くらいか・・・・。

習近平氏ではなく、あくまで副首相とトランプ大統領が会うってこと
なんだけど、閣僚級協議に何故トランプ氏が出てくるのか。
その意味するところがくみ取れませんが
トランプ大統領のちゃぶ台返しのリスクもあるかもしれません。

オセアニア時間の為替動向には注意しておかないとね。
ドル円ロング継続ですが、110.80円レベルにはストップ置いておきます。

--------------------------------

欧州はダメですね、、、特にドイツ。

今日は2月の製造業受注が発表されましたが
前月比+0.3%予想に反し4.2%のマイナス!!( ゚д゚ )

外需の不足が主因。
独経済省は「製造業の勢いは今後数カ月も弱い状態が続くだろう。」
としており、ドイツ経済は深刻な減速が明らかになっています。

一部報道によると独主要経済研究所が
「19年の独成長率予想を1.9%から0.8%に引き下げ」たようです。

じゃあ、ユーロが下がるか、、、というと確かに売り優勢ですが
レンジの範囲内というか、、、大崩れしないのよね。

これは英国のブレグジットがはっきりしないせいでは?
という見方もあるようです。
ユーロポンドという通貨ペアで考えると
どちらにメリットデメリットがあるのかよくわかりませんが、
一部に再国民投票でブレグジットをやめるのでは、という観測も
あるようですから、合意なき離脱の最悪シナリオなのか
これまでの3年間をなかったことにするブレグジット否定となるのかで
マーケットの反応は全然違ってきますよね。

現状ではあらゆる投資、投機が鈍っている、ということで
ユーロも動きにくいのかもしれません。

ブレグジット動向のニュースとしては
メイ首相が一部妥協して、野党労働党と超党派離脱協定案に
取り組む姿勢を見せていますが、これに対して
離脱強硬派が反対姿勢を強めている、とかなんとか。
この状況を受けて、今夜はポンドが軟調ですね。


来週12日が最初の関門。
このデッドラインまでに英議会はブレグジット案を
取り纏めなければなりませんが、これが守れず
EU側から突き放されると合意なき離脱となるリスク。

英議会としては、昨日合意なき離脱のシナリオは否決しているのですが、、、
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社