2019年5月15日水曜日

14日㈫、NYダウは反発中。

※NYダウ日足 ただし、下落のトレンドを否定できるほどの上昇では・・・?!


マーケットの崩落を見て驚いたのか、トランプ大統領が米中貿易交渉は
継続している、などと火消し発言。

米中貿易摩擦は「ささいな口げんか」、決裂せず=トランプ氏
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-talks-idJPKCN1SK22J

それでも日経平均は7日続落で、令和スタートから一度も上昇していません。

14日㈫  日経平均  21067.23   (▼124.05)

陽線引けではありますが、、、連日の下落が続く令和新時代…。

為替市場では、ドル円、クロス円が多少反発していますが、
これも力強さに欠けますね。

※ドル円クロス円日足一覧


ポンド円、豪ドル円ショートは継続中です。

ダウはもう少し戻ったらショート参戦しようと思案中。。。

今日はユーロ圏に弱い材料が目立ち、ユーロが売られ気味でもあります。

①ドイツの5月ZEW景気期待指数が予想外のマイナス

◆独・5月ZEW景気期待指数:-2.1(予想:5.0、4月:3.1)

②ユーロ圏3月鉱工業生産も冴えない結果

◆ユーロ圏・3月鉱工業生産:前月比-0.3%(予想:-0.3%、2月:-0.1%←-0.2%)

③加えてイタリアのサルヴィーニ副首相が
「雇用を誘発するために、政府は財政赤字の対GDP比で3%を超える準備をしている」
と発言し、イタリアの財政悪化懸念からイタリア債は下落、利回りは上昇。

英国関連は目だったニュースがないのですが、ポンドが弱い。

※通貨インデックス一覧


豪ドル、ポンドインデックスが弱いのですが、円高基調も一服なので
ドルストレートでのショートの方に妙味ありか・・・・?!

スイスフラン上昇も一服ですので、
リスクオフ全開ではなくなっていますが、
決してリスク資産の買い局面ではないと思いますので戻り売り戦略。

イラン情勢は緊迫しています、、、

米・イラン再び緊張 サウジ船攻撃にイランの影
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44794640U9A510C1FF8000/



人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社