2019年5月24日金曜日

昨日22日㈬のブログで
「米中対立も低ボラ相場、しかし原油がいよいよ崩れると…」ってタイトルで、
原油が崩れそうなので、いよいよ米株が崩れそう、って書いたんだけど
翌日23日㈭NY時間から、
ホントに原油がズルっと来て、米株も大幅安です(゚Д゚;)キタ…

※WTI原油日足


※NYダウ日足 200EMAが支えとなるか?!


どちらが先行して下げているのかわかりませんが、、、
原油は中東リスクと制裁からの供給懸念がなければ
需給は緩く在庫は増加傾向でしたので、
リスクプレミアムが剥落すれば
いつ下落しても不思議はありませんでしたし、

※5/22発表 米エネルギー情報局(EIA)週報(毎週発表)
米国内の原油在庫が60~200万バレル減少予想に反し474万バレルの大幅増加
原油先物の受け渡し拠点オクラホマ州クッシン在庫は
前週比2.6%増で5週連続の増加
ガソリン在庫も100万バレル増加の予想に対し372万バレル増加。

Huawei問題の波及と「SOX指数」を見れば、
米株が高値圏を維持できるとは思えない状況にありましたので、
原油と米株、どちらが先に落ちてもおかしくない状況でした。

※SOX指数 半導体指数 200EMAを下抜けた!!!


明日は200EMAを挟んで下げ渋っていた上海総合も下げるでしょうし、
ドル円が一緒に下がってきているので、日経平均も大きな下落となるでしょう。

※ドル円日足


5/15にくりっく株365CFDでショートしたNYダウ(25646ドル)は
ようやく利益になってきました。。。(*''▽'')勿論継続します。

今夜出てきた米指標が軒並み悪かったことも下落の背景との指摘も。

米・5月製造業PMI速報値:50.6(予想:52.6、4月:52.6)
米・5月サービス業PMI速報値:50.9(53.5、4月:53.0)
米・5月総合PMI速報値:50.9(4月:53.0)
米・4月新築住宅販売件数:67.3万戸
                      (予想:67.5万戸、3月:72.3万戸←69.2万戸)


今夕は欧州の経済指標も悪かったですね。。。

独・5月IFO企業景況感指数:97.9(予想:99.1、4月:99.2)
独・5月製造業PMI速報値:44.3(予想:44.8、4月:44.4)
ユーロ圏・5月製造業PMI速報値:47.7(予想:48.1、4月:47.9)
ユーロ圏・5月サービス業PMI速報値:52.5(予想:53.0、4月:52.8)


そして米中貿易摩擦も溝が深まるばかり。

今日は中国商務省が
貿易協議を続けたいなら、
米政府が誠意を持って間違った行為を訂正する必要がある、
対抗の準備は万全だとタカ派発言を行っており、
これに対して
ポンペオ米国務長官は
より多くの米企業がファーウェイとの関係を断つと確信している
中国はハイテクな監視によって少数派を抑圧していると確信

などと応じており、落としどころが見えない状況へ・・・。

6月の大阪G20で米中トップ会談で何か合意するんじゃないかという
期待もあったのですが、この期待も薄れつつあります。
というか、消えちゃった・・?

ということなども、センチメントを悪化させているものと思われます。

為替市場ではリスクオフでの円高ですね。

※通貨インデックス 円とスイスフランが高い


リスクオフなら円高、ドル高でドルにも資金が集まるんだけど
何せ、今夜は米金利が急低下中ですので、ドルは選ばれにくい。
ということで、円に逃げてくるわけね。
リスクオフで米債が買われているということです。

0.6892ドルの豪ドルドルショートはいまいちパッとしないので
先ほどコストで撤退。
昨日売った110.47円ドル円ショートと
82.40円のカナダ/円ショートがヒットしています。

ドル円が本格下落となるなら、クロス円ショートはまだまだ妙味あり。
豪ドル円やNZドル/円も戻りを狙いたい、、、ですね。


***************************
英タイムズ紙が
あす24日にもメイ首相が辞任を表明する可能性があると伝えています。

1922委員会のグラハム・ブレイディ委員長が
メイ英首相はあす金曜日に辞任する可能性があり
メイ英首相が明日金曜日に辞任日程の発表しなければ、
新たな不信任案を提出と述べていることからポンド売りが止まりません。

ポンド売りを買い戻してから再参戦していないのも悔やまれます。。。

欲張らずにダウ、クロス円ショートに集中。
(日経ショートもつくっちゃうかも)

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社