2019年6月26日水曜日

今日24日火曜もトランプ大統領に翻弄された相場。
対イラン制裁を正式に決めたことについては、予告していた通りですが

トランプ大統領、対イラン追加制裁を発表 ハメネイ師らも対象
https://www.cnn.co.jp/usa/35138952.html

驚かされたのが、トランプ大統領が日米安保条約破棄の可能性に言及した、
というブルームバーグの報道。

トランプ大統領、日米安保破棄の考え側近に漏らしていた
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-25/PTMUOE6TTDS801

たしか、トランプ大統領は大統領選挙の時から
米国は世界の警察をやめるなんて言ってましたよね。。

日米安保と日本を名指しで報じられ方だったため
日本のマーケットにネガティブに作用しちゃったわけですが
どのタイミングで側近に漏らしてたのか時系列が定かでない。

先般、ツイッターに
「なぜ我々が何の見返りもなしに、他国のため航路を守らなくてはならないのか。
自分の船舶は自分で守るべきだ」というようなことを投稿していただけに
最近、不満を漏らしたように受け止められる記事になっているのですが、、、。


これに驚いた為替市場ではリスクオフの円買いの動きが加速、
106円台まで円高ドル安が進行しました。

まあ、このニュースがあってもなくてもトレンドは円高方向でしたが。

※ドル円


この報道を受けてホワイトハウス高官は
「報道は承知しており、記事を書いた記者には不正確な点が多くあると指摘した」とコメント。
米国務省の報道担当者も「日米関係はかつてなく強固だ。」と
日米安保条約を重視する立場を強調しています。

また日本側もこの報道を否定。

河野外相「米政府が否定」 トランプ大統領の「日米安保破棄」報道
https://www.sankei.com/politics/news/190625/plt1906250034-n1.html

円高がトレンド化しているので日本株も冴えません。

日経平均は 92.20円安 21193.80円

そして今夜のダウは 現在100ドル安で推移。


※米主要インデックス


G20まで様子見しようかと思ったんだけど、
やっぱりダウCFDを26650ドルでショートしてしまった。
だって、史上最高値更新するかしないか、ってとこまで上昇したんだもの。
高値更新なら撤退します。
ストップまでの幅は小さく、
リスクが少ない位置でのショートなので、打診売りしてみた・・・。
ポジポジ病かもね💦


それから半期末のレパトリによる上昇の可能性が大きいとみていたユーロですが
最終週ですので、もう玉が出切っちゃった可能性もある??
反落してきました~

200EMAを超えているのでWボトムでの大転換の可能性も否定できませんが
特殊玉が出切っちゃえば本筋のトレンドに戻ると思われ、
ユーロをショートすることに。

コストは1.1378ドル

※ユーロドル



ユーロ上昇と相関性の強いゴールドもさすがに一服するかも、、、
って上髭が出てきたので。。。。
ただの調整で再上昇するかもしれませんので、だめなら柔軟に撤退。


今夜はトランプ大統領のイランに関する発言が伝わっており、
「米国の国益への攻撃に対しては圧倒的な力で対応する」と述べており、

ボルトン米大統領補佐官も
制裁などの圧力でイランは交渉の場に引きずり出されるだろう、と強硬発言。

それほどマーケットに影響しているとは思いませんが
本当の有事勃発となれば、資産のキャッシュ化でドルへのレパトリが出て
ドル高になるんだろうと考えています。

※通貨インデックス一覧 


↑ドル安トレンドも一服?ユーロ高も一服?
って感じになってきましたよね。

今夜発表された米指標も冴えず。

コンファレンスボード消費者信頼感指数(6月)23:00
結果 121.5
予想 131.0 前回 134.1

米新築住宅販売(5月)
販売件数 62.6万件(67.9万件)(年率換算)
在庫水準 6.4ヵ月分(5.9ヵ月分)

利下げ思惑は継続しており、世界緩和競争の様相で
長期金利は下落トレンドを抜けていません。

ドイツの長期金利は史上最低を更新していますね。

※世界長期金利一覧

リスクオフは継続ですので、
そろそろ株が崩れるんじゃないか、、、って思うんだけどな・・・・

金融相場でプチバブル発生の可能性も否定できないので
史上最高値を超えてきたらすぐにポジション切っちゃいます。
(途転ロングするかも)

※追伸 ブラード米セントルイス連銀総裁が
「7月0.5%金利を引き下はやり過ぎ、そんな状況にはない」
という趣旨の発言を行った模様で、ドル巻き返しに入っています。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社