2019年7月4日木曜日

米国株は主要3指標揃って史上最高値を更新しました。
上値が重かったダウ平均も、です。

※米主要インデックス


3日水曜は、4日の独立記念日の祝日を控えた短縮取引でしたが、
経済指標に弱いものが目立ち、
FRBがよりハト派に傾くとの見方が強まったようです。

・6月ADP全米雇用者数 +10.2万人(予想+14万人)

・5月米貿易収支 555億ドルの赤字、予想赤字額を上回る
 
・米・6月ISM非製造業景況指数:55.1(予想:56.0、5月:56.9)

・米・5月製造業受注:前月比-0.7%(予想:-0.6%、4月:-1.2%←-0.8%)

昨日、ECB次期総裁にIMFのラガルド専務理事が指名されたことも
好感されているようで、ドイツDAXなど欧州株も堅調。
これまでドイツのバイトマン氏が有力視されていましたので
比較すればラガルドさんは、ハト派ということなのでしょう。
ECBが緩和的な金融政策を維持するとの期待が相場を押し上げ、
指標が冴えないことでFRBの利下げ催促が相場を押し上げている、、、
典型的な金融相場です。

7月に入りましたので、4-6月期の決算が出てきますが
業績相場が意識されると、この高揚感が打ちのめされる可能性もありますが
短期的には踏み上げ相場となる可能性もありますので
まだ売り仕掛けは早いかな。

というより、私は今日の日経平均下落時に
日経CFDを買い増ししています。コストは21680円。

リーマンショック前もそうでしたが、半端に売り物が出ると
踏みあげられてバブル的な上昇がくるんですよね。
業績など中味が伴わなくても、上がるときは上がるんです。
2019年前半、世界が引き締めから緩和に転換したばかり。
この緩和期待が一相場形成する可能性があるんじゃないかな。。。
勿論短命です。逃げ時を間違えると火傷しますが、
日柄的に7月半ば~下旬、利下げ実施前までには勝負をつけたいポジション。

また、リスクオンならドル円もあまり下がらないと思うのよね。。。
世界の長期金利が低下しているので悩ましいところなんだけど
金利低下がきついのが英国、ドイツなど欧州圏。

みんな一緒に下がるならば、結局最も金利が高いのがドル、ってことで
結局はドル安がこないんじゃないかと。

また、豪ドルがすごい勢いで巻き返しています。
ということで、再度豪ドル円をリベンジ。
75.53円でロング参戦です。

※クロス円一覧

NZドル/円、カナダ/円でもいいような気もしますが。

ユーロドルショートは継続です。

というのも、トランプ大統領が
「中国と欧州は大きな通貨操作ゲームをしている」などとTweetし
ユーロドルは1.1312ドルまで買われる局面がありましたが、
直ぐに売り戻されており、やっぱ弱いよね、ということで。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社