2019年7月26日金曜日

7月25日㈭
ECB理事会は予想通りの金融政策据え置き、ただし利下げ示唆。

欧州中銀が利下げ示唆、9月有力 量的緩和も検討
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47800950V20C19A7EA2000/

・政策金利を2020年前半まで「現状か、より低い水準」にすると明言
 ※現状▼0.4% マイナス金利を深ぼりする可能性示唆

・2018年12月に打ち切ったばかりの量的緩和政策について
「新たな資産購入」の準備を進めていく考えを示す

ドラギ総裁は「長期間、強力な緩和姿勢が必要になる」と明言していますが、

「マイナス金利の階層化」「株購入も選択肢」など
すでに日銀が取り入れている金融緩和策をECBが検討していることも
指摘されています。現状、中央銀行が株を購入しているのは日銀だけですが
ECBも日銀の政策に寄せてくる可能性があるわけです。

これを受けてユーロ安になるならわかるんだけど
ユーロ売りは初動のみで、その後大きく反発。
これは材料出尽くしで行って来いなんだろうと理解できないこともないのですが
これでドル円が上がるってのが、なかなか不思議な値動きですよね。

ユーロ売り、ドル買い、ドル円上昇??
そんな単純な動きではない気がしますが、俯瞰してみると
ECBを通過して起こっている値動きは結局「ドル独歩高」に変化なし、
ってことなのよね。

※通貨インデックス一覧


主役のユーロは乱高下して結局方向感が示せずにいますが
円安、オセアニア安、ポンド安の流れに変化がない中で
ドルだけが強いという流れが不変であった、ということで
ドル/円相場が上昇しているということね。

債券市場でも米長期債利回りは上昇しています。
ドイツ長期債利回りも、なぜか英国債利回りも上昇。
オセアニアは弱いのね。

※主要国長期債利回り一覧



ユーロドルショートは、生放送の直前で買い戻すのが遅くなっちゃって
急落後の急反騰局面であわてて買い戻して、コストを悪化させてしまったのですが
1.1190ドルS → 1.1156ドル買戻し

その後再び軟化していますね。
どうやら1.1100ドルに巨大なオプションバリアが存在している模様で
これに一度はじかれただけ、、、って感じもあるので
再度売り参戦でもいいような気がしていますが、まだポジションは取っていません。


何故か上昇しているドル円はロング継続していますので、いい感じ。
ドル円ロングはこのまま保有します。

ダウロングも継続中ですが、今夜もダウ弱含み中。。。

日経平均は今夜のドル円上昇であす26日の相場も悪くない気がしますが
FOMCを前にECBも利下げを示唆するなど緩和姿勢を明確にしていますので
全般はリスク選好でいいんじゃないかと考えています。。。

豪ドル、NZドル/ドルの下落はリスク選好とは言えないんだけどね💦


NOTE
トルコ中銀はコンセンサスの250bps利下げを上回る425bps利下げ。
政策金利は19.75%に引き下げられました。(市場予想は21.50%への引き下げ)

利下げ幅がダイナミック過ぎます。。。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社