2019年7月24日水曜日

やはりリスク選好相場が戻ってきました。
先週18日木曜の謎の日本株急落で日経平均ロングが切らされたことが
悔やまれますが、、、今日はドル円ロング参戦。
コストは108.02円

そしてユーロドルショートも作りました。
コストは1.1190ドル

25日㈭のECB理事会でフォワードガイダンスの修正が織り込まれて
ユーロ売りが先行。市場では9月に中銀預金金利(-0.4%)を
0.1%引き下げることが示唆されるとの観測に加え
月間300億ユーロの債券購入など量的緩和(QE)を再開への道筋も
示されるといった具体的な緩和政策が観測されていることが
ユーロ売りを加速させているようですね。

それから23日早朝、RBNZ(NZ中央銀行)が
QE導入を示唆した、とブルームバーグ報道があってキウイが急落。
キウイロングを保有していましたが、短期トレンド終焉とみて
ポジションをクローズしました。

72.19円NZドル/円 → 72.73円
0.6719ドルNZドル/ドルロング→0.6739ドル
なんか、結構長い事ポジション保有していたんだけど
値動きが小さくて利益は地味目。。。。


 7/31のFOMCでの利下げが織り込まれているというのに
不思議なのですが米ドル独歩高です。
米国が0.25%、あるいは0.5%利下げしたとしても
FF金利は2%台なわけで
マイナス金利の深堀り観測が出ているユーロより高金利。
また、豪州政策金利はすでに1%ですし、
今日、RBA(豪州中央銀行)のケント総裁補が
必要であれば追加利下げを実施する用意があると発言しています。
(QEに動く可能性は低いとも発言したようですが)
NZの政策金利も1.5%です。

ということで、通貨インデックスを確認すると
高金利通貨ドルが独歩高です。

※通貨インデックス一覧
 
また、 英国では保守党党首にボリス・ジョンソン氏が選出されました。

ボリス・ジョンソン氏が英保守党党首選に勝利、次期首相就任へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-23/PV3DRH6JIJUO01

これはほぼ予想通りの流れでしたので、ポンドに大きな波乱はなく
流れ的には売り継続でいいようです。ポンドドルショートは継続。

 今夜も米株は堅調。
ライトハイザーUSTR代表と数名の担当者が上海を訪問し
貿易交渉に臨むとの報道を好感してリスク選好。
SOX指数が強いことも支えです。ダウロング継続。
ポジションは全般ドル買いです。人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】











※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社