2019年9月26日木曜日

ペロシ下院議長が、トランプ大統領の弾劾尋問を開始すると伝わり
9/24火曜の米株は一時245ドル安と大きく下落。

そして9/25水曜、トランプ大統領がウクライナ大統領との通話記録を公開。
ウクライナ大統領に対してトランプが政敵のジョー・バイデンとその息子の
捜査を要請する内容があったようですが、株、上がってます。ドルも上がってます。

そもそも弾劾が現実的かというと下院はともかく
議会上院はトランプ氏が率いる与党・共和党が過半数の議席を占めており
民主党がトランプ氏の罷免に必要な賛成票を集めるには、
上院議員の3分の2が賛成を獲得するためには
共和党からの大規模な造反(20人)が必須。まあ、無理でしょう。

ということを織り込んでいるんでしょうか。今夜のダウ現時点で160ドル高。
昨日の下げ幅を取り戻してはいませんが、この騒動によってトランプ政権が
揺らぐというリスクは感じていないようです。

それに米民主党のペロシ下院議長は弾劾調査の開始を発表したものの、
引き続き重要法案ではトランプ大統領と協力したいと述べています。

むしろ今夜はトランプ大統領の
「中国との合意は予想よりも早くなるかもしれない」との発言で
米中貿易協議進展への期待が高まったほか、

日米通商交渉においても会談を終えた日米両首脳が
貿易合意の第一段階を発表、
「日本は米国の農産物700億ドルに市場開放へ」
「日本の関税引き下げで牛肉、豚肉、トウモロコシを支援」などが
明らかになる過程で、リスクテイク相場に向かっていったように思います。
そして、26日1:30頃、貿易協定締結で最終合意で署名の報道。

さらに23:00発表の米国新築住宅販売件数がめっちゃよかったΣ(・ω・ノ)ノ!
8月新築住宅販売件数:71.3万戸(予想:65.9万戸、7月:66.6万戸←63.5万戸)
米国、景気いいじゃない。
ということで全面ドル高です。

※通貨インデックス ドル独歩高!!


ということでクロス円ではドル円だけ上昇。

※クロス円一覧

ドルストレートではユーロドル、ポンドドルの下落が凄まじいわね
1.2320ドルポンドドルロングを持っていたけど
昨日の安値を割り込んだ夕刻、1.2410ドルで手仕舞って微益ながら利益確保。
日足で見るとかなり下がりそうな形に。。。

※ドルストレート一覧

ポンドの下落は、今夜になってのドル高とは別に、独自材料も。

24日に英国の最高裁がジョンソン首相による議会閉会は違法
との判断を示したことを受け、25日から英議会が再開するそうで!

バーコウ下院議長、「お帰りなさい」 英議会が再開
https://www.bbc.com/japanese/video-49827555

再開してどうするんでしょうか・・・。

議会は19日までに何も決められなければ、31日期限のブレグジットを
来年1月末まで延長するよう、EUに要請するようジョンソン首相に義務付ける法案を可決しましたが、ジョンソン首相はこれを無視する意向を示しており、あくまで
10月31日のブレグジットを強行するスタンスで、溝は深いまま。

何がどうなるかさっぱりわかりませんが、
だからポンドが売られ始めた、ってことかな。
議会が再開したことで、合意なき離脱の可能性が再び懸念され始めた?!
ポンドの買戻し相場はいったん終わったものとみられます。
意外と戻りが鈍かったな。。。


そして、25日RBNZ金融政策理事会の結果発表があったNZドルは、
発表直後急騰するもNY時間にかけてじり安で行って来い。

政策金利は予想通り据え置き。
声明では低金利政策の長期化見込みが示されたほか、
必要であれば追加緩和する姿勢が示され、次回利下げの可能性を残すものでしたが
これも市場の予想の範囲内だったことで、事前に売られてきた分、材料で屈しで
買戻しが出たとみられます。
ただし、結局は利下げのサイクルにある通貨です。
買いは長続きしませんね。

今週は忙しくて相場を見る時間が少なくて(;'∀')
今日、キウイは戻り高値を売りたかったのですが
売ることができず、ノーポジ。

明日以降は、ポンド、キウイの売りのチャンスを待とうかなと思ってます。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社