2019年9月18日水曜日

サウジの石油施設の爆撃による原油急騰の影響は東京株式市場では限定的でした。
9月17日火曜、日経平均は +13.03円 22001.32円となんと10日連続高。
(2017年10月2日~24日の16連騰以来の記録)
10日間の上げ幅は1381円。

寄り付き直後110円安まで売り込まれたのですが、拾う向きも多かった。
22000円台回復しましたので、5月6日GW最終日のトランプ大統領による
米中貿易交渉決裂tweetによる下落をすべて吸収して上昇したことになります。

昨晩16日月曜ののダウ平均はサウジの件を受けて ▼142.70ドル 27026.82ドルと
下落していたので、日経平均の強さは意外ですが、
為替市場ではドル円相場がしっかりしていたことが支援材料となったのでしょうか。

為替市場ではリスク回避による有事のドル高、、、なのかと思っていたんですが、
なぜか、金利先物市場で今週9月18日の利下げ織り込みが
急激に低下しているんです。


1か月前までは0.5%利下げを予想する向きも多く、それも加えて考えると
9月の利下げ確率は100%でした。
ところが、今日CME Fed Watchを見てみたらなんと、0.25%利下げ織り込みが
56.5%にまで低下している、、、なぜなぜ??!!

ひとつは米株が過去最高値圏まで上昇していることで利下げは必要ない?!と
考える向きが増えている可能性。

あるいは、サウジ石油施設攻撃による原油急騰が世界経済に及ぼすリスクを
考えたときに、利下げすれば原油高はさらに進行するとの連想からの
利下げはできないんじゃないかと推測できないこともない。

それにしても、、、
ここにきて50%台にまで市場の利下げ織り込みが低下するとは。

これが足下でドル高を呼び込んでいる可能性もありますね。

しかし、実際に明日のFOMCで利下げが見送りとなれば
米株、、だけじゃなくて、世界の株価は急落すると思います。
これまで利下げを期待して上昇して来た側面も強かったと思われますので、、、。
昨日の米株下落もサウジが理由じゃなくてこれが嫌気されたのかもしれません。

利下げ織り込みの低下は気になりますが、
現在までのところ世界の株式市場は、原油価格急騰をそれほどリスクと
とらえていないということです。

中東のオイルマネーにとっては原油高は歓迎でしょう。
そして、それは米国も同じことです。

サウジの生産障害があれば、米国シェールの輸出が増えます。
実は米国にとっても原油高歓迎なのです。

トランプ大統領は今日
「米国はエネルギーの純輸出国で世界最大のエネルギー生産国だ!」
と述べています。これで今日はドルが買われたとの指摘も。
原油高が困るのは原油が生産できない国。輸入に頼っている国です。

ですから、トランプ大統領は原油高を背景に利下げ圧力を弱めることは
ないでしょう。

ただし、金融政策をつかさどっているのはFOMC、トランプ大統領ではないですけど。

そして今夜、原油は結構大きな反落となっています。

サウジ原油生産、向こう3週間で完全に回復=関係筋
https://jp.reuters.com/article/saudi-oil-output-idJPKBN1W21PG?feedType=RSS&feedName=special20

※WTI原油先物日足

三角持ち合いを上抜けしましたが、、、今日の反落で持ち合い回帰となるか
それとも初押しは買い、となるチャートなのか。
ぎりぎりこれまでのレジスタンスラインを割り込まずにいるようですが、、、。

というわけで、100%利下げが織り込まれていた時と比較すると
明日のFOMCは波乱の様相が強まったように思われますが、
ここにきて気になるのが、上海市場。

株安、債券安、人民元安だそうで、、、、

中国金融市場、トリプル安-人民銀がMLF金利を引き下げず
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-17/PXYTF5T0G1KX01?srnd=cojp-v2

※上海総合指数

2018年までの相場では下値抵抗線だった水準が
今年は上値抵抗線となっているようです。

中国株が本格的に崩れてくるようだと、米株、日本株も、、、
明日以降の値動き注視ですね。

***************************

今夕、ユーロを買い直しました。
ユーロドル、コストは1.10152ドル。

ロンドン時間に下方向に攻める動きがあってからのV字反騰。
こういうダマシのような動きの後って上がるんです。

※ユーロドル15分足


そもそも9月の先週のECB理事会でやれることは全て
やっちゃったような気がしていたので、あとはチャート。

これは功を奏して今、上昇してきています。

ユーロ円の日足チャートも伸びそうなのですが
クロス円は調整が入るんじゃないの、、、って思っているので
売る勇気がなかった。
昨日作った68.75円のNZドル/円ショートは、69円を上回れば撤退。

ユーロ円は押し目買いでもいいかもしれません。
ポンド円もチャートはきれいよね。

※ドル円、クロス円チャート


1.2320ドルのポンドドルロングは継続。
日経平均CFD21974円のショートは、現在アゲインスト(;´・ω・)
現在21999円。9/13の高値22120円を超えたら撤退。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社