2019年10月31日木曜日

11月16-17日に開催予定の1APEC首脳会議。

昨日30日未明に

米中の暫定通商合意署名、11月APECに間に合わない恐れ
https://reut.rs/36jTz2m

こんなニュースが出てきて、FOMCを控えているということもあって
30日㈬の東京市場では日経平均が8日ぶりに反落。
手仕舞いが旺盛になっても不思議はないでしょう。

先物の手口を見るとこれまで買い手の筆頭であったゴールドマンが
今日は売り手に回っていた、というのもちょっと気がかりですが・・・


不安材料はそれだけではありません。

チリ、APEC首脳会議の開催断念 反政府デモ激化受け
https://jp.reuters.com/article/chile-protests-idJPKBN1X91XZ

え?!

としかコメントできませんが(;´・ω・)

米中署名が間に合わないと言ってたんだから、米中にとっては
渡りに船じゃないの?とその裏事情を勘ぐってしまいますが

それよりもなによりもFOMCです。

10月FOMCでは予想通り25bpの利下げが発表されました。

声明からは先行きの金利政策を「適切に見極める」と表現するにとどめ
「必要な行動をとる(will act as appropriate)」が削除されており
利下げはいったん打ち止めとなるという見方が広がりそう。

利下げ打ち止め感が広がることで株が不安定化するか、とも心配されますが
米指標は反発基調にあり、崩れる気配はありません。

考えてみれば、昨年10月に米株がトップアウトして急落する過程では
米長期債利回りは3.2%もありましたが、現在の長期債利回りは1.8%。
米金利水準は1年前と比較してかなり下がっています。

低金利はリスクテイクの支援材料。
今夜発表された米7-9月期GDPは1.9%増。
決して悪くはありません。つまり、ゴルディロックス、適温相場。
と考えれば、ここで株を売ることもないでしょう。

Fedが利下げ打ち止め感を打ち出した割には
米長期債利回りは下落しているのが不思議ですが、
為替市場では気持ち、ドル安気味かな。

※ドル円、ストレート通貨一覧


ユーロ、豪ドルなどが強く、ドルは弱含み。

また、円安傾向が強いようです。

※ドル円、クロス円一覧

ドル安円安はリスクオン相場の典型的な値動き。

それと今夜のカナダドルの急落はこれが材料

カナダ中銀、政策金利据え置き 成長率見通し引き下げ
https://jp.reuters.com/article/canada-hold-rate-idJPKBN1X925M


APECがどうなるかというのは気がかりではありますが
それまでに米中第1段階合意の書式化、署名が間に合わないかも
などという報道も出ていたので、むしろ、時期が遅れるのは悪くないというのが
今夜の市場の反応という気がしますね。

まだ、パウエル議長の会見中なので、終わってみるまでわかりませんが
現時点で声明文で利下げ打ち止めを示唆も、株を崩さずに終えられるようなら成功です。

ダウ、日経ロング、
ポンドロング全て継続です。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社