2019年10月30日水曜日

29日火曜日、日経平均は +106.86円 22974.13円。

出来高が伴わないとか不気味な上昇という指摘もありますが
総出で買い参戦する局面になっていないからだと考えれば
これはまだ「懐疑の中で育ち…」の局面だと考えることもできます。

著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉。

「強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、
幸福感の中で消えていく」

今は、懐疑の中に育ち、、、の局面のような気がしますが
その捉え方は常に人それぞれでしょう。

株、2万3000円は通過点か 個人出動で一段高も、海外リスクは警戒
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL29HIW_Z21C19A0000000/

個人は逆張り。

米国株から現金・債券へのシフト、2008年以来の規模-ゴールドマン
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-29/Q031326JIJUO01
・米国株ファンドからは今年これまでに1000億ドル流出
・債券ファンドは3530億ドル流入、現金は4360億ドル増

これはあくまで「今年これまで」の傾向であり、ここからではありません。
さて今後はどうなるでしょうか。というのが重要。

明日に控えたFOMC,明後日に控えた日銀の金融政策決定会合を前に
それほどポジション調整が起こる気配はありません。
足下の短期的なトレンドを考えれば、株の手仕舞い、
クロス円の手仕舞いを覚悟しながらついていく局面なのですが…

メインイベントは明日からの日米の金融政策でしょうか。

ポジションは全て継続。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社