2019年11月14日木曜日

今夜はFRBパウエル議長の上下両院合同経済委員会での証言が
リスクオンに拍車をかけたようです。

昨日トランプ大統領の注目の講演で、米中通商交渉の第1段階の署名の日程、
場所などに言及することがなかったことが失望された、との指摘もあり、
序盤のNYダウは100ドル安でスタートしていたのですが、
パウエル議長が、
「楽観的だがリスクは依然下方」で、「注目に値すべきリスクが残る」と
慎重な見解を示したことで、マーケとは利下げの可能性にも含みをもたせたと
これをリスクテイクの材料にしてしまったようです。

ダウ平均はマイナス圏からプラス圏に浮上しています。。

この高値から押し目らしい押し目を作らずにまだ買うか・・・💦
チキンレースの様相を呈しているように思えてなりませんが
流れに逆らうべからず、ですね。

ポンドドルロング継続していますが、今夕出てきた
英国10月消費者物価指数は予想を下回ったりして、なかなかポンドが上がりません。

英・10月消費者物価指数:前年比+1.5%(予想:+1.6%、9月:+1.7%)
英・10月消費者物価コア指数:前年比+1.7%(予想:+1.7%、9月:+1.7%)

売り込むほどの悪化というわけではないので、ポンドは手掛かり材料難で膠着。
もう少しロングで粘ります。

軽めにショートしていたNZドル/ドルは、コストでポジション消失。
というのも、今日のRBNZでは一部に利下げ思惑が高まっていたものの
金融政策は据え置かれ、利下げなし。

それだけじゃなくて、RBNZのオア総裁が
「必要なら一段の緩和を実施する」としながらも
「現時点で追加緩和する緊急性はない」などと、利下げに否定的な発言を
したものだから、NZドルが吹き上がりました。。。。
私のショートは瞬間消失です。
イベント前にポジション作るべからずですね😞

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社