2019年11月15日金曜日

昨晩14日㈭は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が
「米中は第1段階の合意取りまとめで難航している」と報じたことで
ダウ平均は難聴に推移も、引けてみれば1ドル安。
今週12日火曜はプラスマイナスゼロで前日比変わらず、
なんて日もありましたので、ダウは高値圏でほぼ動いていません。
ドル/円相場も、米中貿易交渉への不透明感からか
108.24円まで続落貴重を強めていましたが、

クドローNEC委員長が「米中第一弾合意の取りまとめ近い」と
発言したことで、一気にムードが転換。
東京時間にくりっく株365CFDのダウ平均は80ドル高、
多分今夜にも史上最高値更新するんじゃないかな。

そして今日15日㈮の日経平均も180ドル程度高く推移しています。
本当に米中合意が近いのか具体的な署名の場所、日時がわからぬまま
なんですけど、、、それでもリスクテイクする相場に入っています。

リスクオンでドル円が巻き返すなら、クロス円もいいんじゃないの、、、
ってことで、ユーロ円、拾ってみました。

というのも、昨日ドイツの7−9月期国内総生産(GDP)が
前期比+0.1%と、予想外に前期—0.2%からプラス成長に改善。

決していい数字じゃないんですが、2カ月連続のマイナス成長となり
テクニカルリセッションとなるのではないか、という見方が多かったために
マイナスじゃなかったってことがポジティブサプライズ。

また、ドイツのショルツ財務相が
「弱い成長で、危機ではない」と財政策の必要性を否定。

また、欧州中央銀行(ECB)のメンバーである
オランダ中銀のクノット総裁は「景気後退を恐れる必要はない」
「非伝統的手段に一段と慎重になるべきだ」と副作用を警告したほか、
フランスのビルロワドガロー中銀総裁も、
「市場の見通しと同じく、短期金利が底に近いと」の考えを示すなど
欧州要人が次々とタカ派的発言を行ったことで
ECBが追加緩和に踏み切る可能性は低いという見方が広がったのか
ユーロが巻き返しています。

といいますか、、、そもそも、
ドラギ総裁がラガルド新総裁へとチェンジする直前に
マイナス金利の深堀と、債券購入再開、フォワードガイダンス変更と
満額回答で緩和策を発表しちゃったもんだから、
すでに、これ以上何やるの、、、という話ではあるんですが
(つまり、要人らのタカ派発言は別段驚きではない)
ユーロが売り込まれてきていただけに、巻き返しもそこそこありそう。

ユーロが巻き返し、リスクオンでドルが上がるなら、、、
ユーロ円とかよさそう、、、?!
119・70円で打診買いです。

ポンドドルロングは継続。

ユーロ高につれ高なんでしょうか。
あまり材料もないのですが、下値固くなってきました。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社