2019年11月18日月曜日

米株が強いですね。

先週末15日㈮
ダウ平均   28004.89(+222.93 +0.80%)
S&P500    3120.45(+23.82 +0.77%)
ナスダック   8540.83(+61.81 +0.73%)

米国の隠れQEもあって過剰流動性マネーによるチキンレースというか
バブルへGO相場に入っていると思いますが、
カレンダー的に12月クリスマス休暇前のラリーという感じかな。

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が、米中通商交渉に関して
「両国は合意に近づいており、建設的な協議が行われている」と発言。

このところは、こうした前向きな材料に強く反応し、
悪材料への反応が薄い印象ですね。

また、トランプ大統領も
「株価は大きく上昇しており、景気後退まではまだ長い道のりがある」とし
自身の仕事ぶりをアピールしています。

米中交渉は第1次段階合意が近いとはいえ、
未だ署名の場所も日時も決定していないのが現実なんですが、
米中通商協議の中国側代表である劉鶴副首相が、
16日午前にムニューシン米財務長官と
ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と電話で会談し
第一弾合意についての懸念について建設的な協議を行った、と
中国側もメディアも報じており、

どうなるかまだ分からない、とはいえ、
どうせダメになる、と決めつけて売るというトレードは、
踏み上げ相場の燃料とされてしまうリスクもありますので、
こういう相場は素直にチャートについていくしかないですね。

また、この秋くらいまでに市場関係者の間では
ウォーレン・バフェットがキャッシュ比率を高めていることが
話題となっていましたが、
先週末は、そのバフェットが家具インテリア販売のRH株を121万株購入し、
持ち株比率約6.5%を保有したこと伝わったことなども面白いですね。

そのキャッシュ比率はバフェット、というより
バフェットのファンドであるバークシャー・ハサウェイの
現金比率を見れば確認できるのですが
この秋には14兆円にも上るとして、賢者もリスクに備えているとして
警戒する風潮もあったのですが、
だからといって決して何もしていないわけじゃない、ということが
確認できたわけで。

押し目があれば、株価インデックス買い参戦したい。。。

というわけで、108.50に巨大なオプションバリアがある、と指摘されている
ドル/円相場も、だからと言って崩落するセンチメントではありません。
下がれば、本邦機関投資家勢の買いが入ってきます。
下半期は裸で外債投資(ヘッジコストが高い)差ざるをえないところも
多いようですので、あまり下がらないと思っています。

また、先週の金曜の午後のブログに書いたように、
意外とユーロが持ち直す予感がしますので
ユーロロングがよさそう。
119・70円ユーロ円ロングは利が乗ってきました。

また1.2860ドルポンドドルロングも、膠着気味でしたが、利が乗ってきた。

英国の日曜紙テレグラフがジョンソン首相のインタビューを掲載し、
12月下院総選挙における保守党候補が当選した場合
ジョンソン首相が提出する離脱合意案に賛成票を投じる誓約書に
署名していることを明らかにしています。

つまり、総選挙で保守党が単独過半数を確保できれば
ブレグジット案はすんなり議会を通過し、1月31日までに
合意ある離脱がやっとこさ、実現するはずです。

これもポンドの買い材料になるんじゃないかな、、、と期待。

今週は欧州通貨買い、株価インデックス買いで.好機狙い。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社