2019年11月21日木曜日

今日の日経平均、リスクオフの様相、、、ですが
下値では積極的に拾う向きがあるようです。

このブルームバーグ報道の影響かもしれませんが。

中国の劉副首相、第1段階の米中合意に「慎重ながらも楽観的」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-21/Q1ARWMDWRGG101

ただし、この報道、今日リアルタイムの劉副首相の発言ではなく
昨日20日の発言です。これのブルームバーグの報道に
日経平均先物やドル円が反応して反発していますが、
中味は空っぽですよ、これ。

瞬間はニュースにアルゴが発動して動くこともあるでしょうけれど
このまま反落せずに買いが旺盛なら、
市場は買い意欲が強いということになります。

後場からは日銀の買いも期待されるということもあるでしょう。

香港人権法案を巡っては、国会会期中は
10日間放置されれば自動成立する決まりのようで
トランプ大統領が「拒否権」を発動さえしなければ成立の見込み。

一部報道には署名の見込みとありますので、
放置はせずにきちんと署名するのかな。

米下院、香港人権法案を可決-トランプ大統領は署名の見通し
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-20/Q1AGMDT0G1KY01

となれば、中国側の反発は必至ですので、
もっとリスクオフ全開となっても不思議はないのですが、なんだか底堅い印象です。

ドル円相場は下がっても108.50割れがせいぜい。
108円に巨大な買いでも待ち受けているかのようですね。

ということで、警戒は強めていますが、基本スタンスは
下がったら買いでいいのではないか、、、と思っていますが
昨日は、ユーロ円のロングを120円割れで手仕舞ってしまい
(119.70ロング→119.98手仕舞い)
途転ショートしてしまったのが運の尽き。
その後盛大に踏みあげられ、120.20円で損切です。
何をやっているんだか・・・・😞

リスクオフでクロス円はやっぱダメか、、、と思っちゃったのよね。

株価は高値圏で危ういので落ちるリスクは大きいので
ここからクロス円をロングするのは勇気がいりますね💦

ということで、結局ノーポジになってしまいました。

ここから考えるならクロス円は避けて
今週大統領と財務長官と中銀総裁の3者会談が行われ
おそらくドル安政策で認識を一致させた(推測)と思われる
ドル売りでしょうか。

他方、買うのは中銀要人らからタカ派発言が相次いでいるユーロ、
そして12月の総選挙で保守党優位と伝えられているポンド。

欧州通貨買い、ドル売りで再参戦の好機狙いとします。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社