2019年11月11日月曜日

 週末にまたヒヤリとさせられるトランプ大統領発言が。

11月9日 0:18
トランプ大統領、関税撤回での米中合意を否定-期待に水を差す
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-08/Q0NOKBT0AFB401

トランプ米大統領は中国に対する関税を完全に撤回することに、米国は同意していないと述べた。米中貿易合意をまとめるために米国が関税で譲歩するとの期待は、この発言で薄れた。

ところが、このニュースを受けても、米株などリスク資産は大きく
崩れることがありませんでした。

この夏くらいまでだと、米中通商交渉のネガティブニュースには
過剰に反応して

ここにきて、米中通商交渉のヘッドライン、
善きニュースには大きく反応して、
悪いニュースには反応が鈍くなってきた、、、というのは何故?!


 ★FRBが10/15~月額600億ドル(6兆5000億円)の資産買い入れ再開⭐️
 少なくとも2020年4~6月期までは続ける→バランスシート再拡大。

これのせいじゃないかな、、、という指摘がありますが
私もそんな気がします。

もちろん、パウエルFRB議長は「量的緩和ではない」としていますが
これを「隠れQE」と呼ぶ向きもありますね。そう、だって
短期国債だとはいえ、資産買入れ再開だもの、QEですよね、それ。

ほら、バランスシートまた膨らみ始めたわ。


※9/17に突如として、レポ市場の金利が急騰
(短期市場でドル不足が発生したと考えられる)
NY連銀が10年ぶりにレポ市場に資金供給を行ったものの、
以降、レポ金利が高い状態が続いていたことへの措置であり、
決して量的緩和再開ではないというのがFedの立場。

レポ市場=主に国債を担保に短期の資金を貸し借りする市場

日銀も変わらず資産買入れを伴うマイナス金利政策を継続していますし
ECBも11月から月額200億ユーロの債券買い入れ再開(終了期限なし)
中国もファシリティ金利引き下げとか可処分所得引き上げとか
いろいろと景気テコ入れ策を打ち出しています。

要するに世界大金融緩和相場、、、なんですね。

下方修正が目立つ企業業績をみても、ISMやPMIなどの景気指標をみても
積極的に買える相場とは思えないのですが
(ただしグローバルPMIはボトムアウトの兆候も)
この世界金融緩和相場で、企業業績や世界的な景気指標の落ち込みを
再浮上させることができるかどうか、ってとこが見ものですね。

ただ、強気派も増えてきたのがちょっと気になりますね。
先週ダウロングは手仕舞ってしまって
株価インデックスはノーポジで、、、
まだ、再構築できていません。

ここからさらにバブル相場が来るとしても、
ちょっとくらい押し目が欲しいなぁ…💦

為替市場、通貨インデックスを見ればドル独歩高が一目瞭然。

ドル買い継続です。
ドルを買って、ユーロとか、カナダ、スイスフラン、キウイを売る
というのがここまではトレードの成果が上がった取引ですね。

私は、ポンドドルショートを持っていますが
こうしてみると、他通貨に比べて値動きは実に小さかった・・・

ただ、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが8日、
英国のソブリン信用格付けの見通しを「ネガティブ」に引き下げており、
ポンドにとっては売り材料かと。
見通し引き下げで、格下げではないのですが。
ということで.もう少しポンドショート継続。

そしてこのドル高ですが、ドル金利が上昇していることが背景かな。

過去、米国の予防的利下げが打ち止めになると
金利が上昇するのがパターンだったようで、
今回もその経験則通りの動きになっているんですね。

米長期金利がボトムアウトしたなら、ドル金利上昇で
ドル買いが旺盛になっているというのはわかりやすい展開です。

※米長期債利回り


ということで、ドル円ロングでもいいかも。。。
反面、しばらくゴールドは調整局面ですね。

今週はドル円ロング、ユーロドルショートのチャンスを狙います。
そうそう、今週は13日にNYの金融政策会合が。

NZは今年5月と8月に2回利下げを実施。
特に8月は1.50%→1.00%へと0.5%の予想外の大幅利下げを発表。
9月の会合では金利は据え置かれましたが、声明では
追加利下げの可能性を排除していません。 

第3四半期の雇用統計も予想外の悪化となっており
今回はさらなる利下げの発表があるかもしれません。

ということで、NZドル/ドルショート狙いもありかな。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





*********************
11日(月)
英GDP速報値(第3四半期)
ボストン連銀総裁、講演
中国アリババ「独身の日」セール
米債券市場、ベテランズデー祝日で休場

12日(火)
独ZEW景況感指数(11月)
ミネアポリス連銀総裁、講演
フィラデルフィア連銀総裁、講演

13日(水)
NZ中銀政策金利
英消費者物価指数(10月)
米財政収支(10月)
米消費者物価指数(10月)
ロシア中銀政策金利
ミネアポリス連銀総裁、質疑応答
パウエルFRB議長、上下両院合同経済委員会で証言
トランプ米大統領、エルドアン・トルコ大統領 会談
米下院情報特別委員会、ウクライナ疑惑を巡る公聴会開始

14日(木)
日本GDP速報値(第3四半期)
フィリピン中銀政策金利
豪雇用統計(10月)
中国小売売上高(10月)
中国鉱工業生産(10月)
ドイツGDP速報値(第3四半期)
米生産者物価指数(10月)
NY連銀総裁、講演
シカゴ連銀総裁、講演
セントルイス連銀総裁、講演
クラリダFRB副議長、講演
サンフランシスコ連銀総裁、挨拶
OPEC月報

15日(金)
米小売売上高 (10月)
米鉱工業生産 (10月)
米輸入物価指数 (10月)
NY連銀製造業景況指数(11月)
EU財務相理事会

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社